> > > 【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン

,,,,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,観光

【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン

Jun 28th, 2017

ペーパーレスの時代において、ニューヨークでは次々と大型本屋が閉鎖しています。

スタバを併設、座って読めるアメリカの最大書店チェーンBarnes & Noble(バーンズアンドノーブル)は気づいてみると、店舗数がかなり減ってしまいました。児童書籍売り場ではおもちゃが売られ、エコバッグやオリジナルトートなど書籍以外のもので繋いでいる様子も感じられます。ニューヨークらしい本屋といえば、アート系の専門書店Rizzoli(リッツォーリ)はなんとも美しく憧れの書店でしたが、5番街から移ってしまい都落ちした感は免れません。

E-Booksやスマートフォンなどガジェットで読む時代に、どの書店も青息吐息で苦労している中、2017年5月25日(木)に大手通販会社アマゾンの実店舗書店がオープンしました。ニューヨークでは1号店、全米では7号店目。オンライン通販のアマゾンの実店舗書店とは。

マンハッタンのミッドタウン コロンバスサークルにオープン

【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
ツインタワーのタイムワーナーセンタービル3階にある。セントラルパークも目の前で立ち寄りやすいロケーション。

【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
大手通販のアマゾンがニューヨークに出店したことに、新しもの好きのニューヨーカーは興味津々。オープンしてからしばらくは、入場制限が出来るほどの混雑ぶりだったとか。6月上旬になって、やっと落ち着いた様子。

【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
アメリカ人は意外にも本好きで、地下鉄で本を読んでいたり、重い本を開き宿題や課題をやっている人を見かけるのですよ。日本人よりも向学心があるかなと感じます。彼らを刺激するアマゾン書店は、他の書店とどのような違いがあるというのでしょう。

本は表紙が見えるように陳列

【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
一般的な書店では、ベストセラーや人気作家の新刊を平置きする以外は、背表紙でタイトルが分かるように陳列されていますね。平置きすると、本を多く置けないからです。アマゾン書店では、すべて本の顔である表紙が見えるように陳列されています。分かりやすくて、よいですね。表紙に惹かれて、本を手に取る人も多いでしょう。

求めているものが分かりやすい

【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
【ニューヨーク現地取材】アマゾンのリアル店舗の本屋がオープン
通常のカテゴライズ(小説・詩・旅行・料理・児童書)の他に、「ニューヨークで人気の小説」「プレゼントにおすすめ」「Amazon.comで1万件以上の書評がついた本」などニーズ別のカテゴライズは気が利いていますね。通販で収集している独自のデータを、実店舗に巧みに反映させています。

青山 沙羅

,,,,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!