> > > それぞれに個性が光る、心奪われるウズベキスタン世界遺産の街3選

,,, | アジア,ウズベキスタン,絶景

それぞれに個性が光る、心奪われるウズベキスタン世界遺産の街3選

Jul 17th, 2017


聖なる古都、ブハラ

魅惑の別世界のアジア、ウズベキスタンの3つの世界遺産の街を訪ねて

古くから隊商都市として栄えたブハラは、中央アジアで最も古い街のひとつ。各地から有能な宗教家や科学者が集まり、一大文化都市を形成していました。ところが、13世紀のモンゴル軍の来襲により、街は壊滅状態に。

16世紀のシャイバニ朝の時代になって、再び多くのモスクやマドラサが建設され、街は復興を遂げます。20世紀の初頭までブハラ・ハン国の都が置かれ、イスラム世界の文化的中心地としてその名をとどろかせていました。

魅惑の別世界のアジア、ウズベキスタンの3つの世界遺産の街を訪ねて
ブハラの街をを歩けば、いたるところで他では見られない貴重な建造物や、珍しい建築物に出会えます。

カラーン・モスク

魅惑の別世界のアジア、ウズベキスタンの3つの世界遺産の街を訪ねて
ブハラを代表する観光スポットが、カラーンモスクとカラーンミナレット。「カラーン」とは、「大きい」「偉大な」といった意味で、その名の通り、最大で1万人もの信者を収容できるという大規模なモスクです。現在残っているのは16世紀のシャイバニ朝の時代に建てられたもの。

魅惑の別世界のアジア、ウズベキスタンの3つの世界遺産の街を訪ねて
広い中庭に入ると、玉ねぎ型の青いドームと、アーチが連なる回廊が神秘的な風景を描き出しています。ドームがオレンジの光で輝く、夕暮れ時もムード満点。

魅惑の別世界のアジア、ウズベキスタンの3つの世界遺産の街を訪ねて
ブハラの風景のなかでも特に印象に残るのが、たこ焼き器をひっくり返したかのような不思議な形の建物。これは「タキ」と呼ばれる交差点バザールで、かつてはラクダの背に載って東西から運ばれてきた品物がここで売り買いされていました。

現在では、ブハラらしい品物が手に入る土産物店が並んでいて、職人の技が光る手作りの製品は見ているだけで旅情が盛り上がります。

イスマイル・サーマーニー廟

魅惑の別世界のアジア、ウズベキスタンの3つの世界遺産の街を訪ねて
現存する中央アジア最古のイスラム建築として知られているのが、イスマイル・サーマーニー廟。9世紀にブハラを都としたサーマーン朝を開いたイスマイル・サーマーニーの霊廟で、892年から943年にかけて建てられました。

ほぼ正方形のシンプルな外観ですが、レンガの組み方によって何通りにも表現された壁面の装飾が印象的です。

次は中央アジアの真珠、ヒヴァへ。

赤松春奈

,,, | アジア,ウズベキスタン,絶景


気になる国の記事を検索!