> > > 外国人に大人気!東京10蔵の日本酒をおちょこ1杯300円で飲み比べできる【両国】

,,,,,, | グルメ,東京都23区,現地レポート,関東

外国人に大人気!東京10蔵の日本酒をおちょこ1杯300円で飲み比べできる【両国】

Sep 13th, 2017


江戸グルメも満喫!神々しく輝く特注の利き酒マシン

元大関霧島(現陸奥親方)が営むちゃんこ、寿司、天ぷら、そば、もんじゃ・・・ 素材や味にこだわった江戸の“粋”を感じる全12店がそろい、どれにしようか迷いそうですが本日のお目当ては、土俵脇の軒先に酒林が揺れる「東京商店」。

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
暖簾をくぐると、東京各地から厳選して取り寄せたお酒や酒の肴にぴったりの珍味などが。その店内を進み、最奥端で神々しく輝いているのが“利き酒マシン”。どのお酒もおちょこ1杯300円。東京にある全10蔵の日本酒がすべてそろっているというのです!

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
純米酒・吟醸酒・大吟醸酒と3台あるマシンには、各10種類の日本酒が入り全30銘柄もそろっています。これだけ多くの東京の地酒を呑み比べできるのは、もちろんココだけ。外国人が物珍しそうに訪れたか思うと、女性も気兼ねなく入れる雰囲気。先客に「これおいしいですね!」と自然と会話が始まり、酒樽をテーブルにした立ち飲みスタイルで何とも心休まる空間が広がります。

立ち呑みに加えて「東京商店」の名に恥じない東京のうまいものが大集合!

「おいしい日本酒を表現するときに“水みたい”などといいますよね。純米酒の“嘉泉 特別純米 幻の酒”は、まさにそんな感じの1杯ですよ」とは、店長の谷口さん。吟醸酒では、爽やかな酸味と軽快な切れ味が特徴の東京港醸造の「純米吟醸原酒 江戸開城」。大吟醸では田村酒造の「嘉泉 純米大吟醸」。香り高くフルーティーで、大寒中に米だけで作られる最高級品なんだとか。

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
おつまみ3種盛り300円も見逃せません! こちらも東京にこだわった品々。1日限定10個の濃厚な自家製卵黄の醬油漬けはイチオシ。ほのかな辛みが小気味よく弾ける茎わさびの醤油ジュレ、チーズのように濃厚な味噌漬け寄せとうふなど、全6種の中から3つ選べるスタイル。

さらに柿の種の燻製や明太子マヨネーズやみつきラスクなど、お菓子3種盛り300円もあり、こちらも今まで目にしたことがないような一品ぞろい。日本酒はもちろんのこと、珍味やお菓子はどれも購入可能。東京みやげや手みやげにしても大好評なこと受け合いです。

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
◆東京商店◆
【住所】東京都墨田区横網1-3-20 江戸NOREN1F
【営業時間】11:00~23:00(LO22:40)
【定休日】1月1日・2日・施設点検日(不定休)
【アクセス】JR「両国駅」西口に隣接
【HP】東京商店
両国 江戸NOREN

[All Photos by tawawa]

わたなべ たい

,,,,,, | グルメ,東京都23区,現地レポート,関東


気になる国の記事を検索!