> > > > 買うことが寄付に繋がる。ニューヨーカーに人気のヴィンテージショップ

,,,,,,, | 現地レポート,アメリカ,グッズ,ショッピング,トレンド,北アメリカ,観光

買うことが寄付に繋がる。ニューヨーカーに人気のヴィンテージショップ

ライター: 青山 沙羅
更新日: Jun 15th, 2017

ニューヨーカーは他人とは違う、自分だけのオリジナルスタイルを尊重します。なおかつ、金銭感覚が厳しいので、簡単にはお財布を開きません。

そんなニューヨーカーのお気に入りは、ヴィンテージ・ショップ。人に差をつけたいお洒落さんが着ているのは、ヴィンテージの服が多いのです。いわゆるUsed(中古品)ですが、安価で買え、探していたデザインがデッドストックの中から見つかることもあります。品質も、価格も、ピンからキリまでありますが、今回は初心者でも入りやすい、お気に入りのショップをご紹介しましょう。


初心者でも入りやすいヴィンテージ・ショップ「Housing Works」


グラマシー(Gramercy)にあるHousing Worksは、数年来通い続けているヴィンテージ・ショップで、コンディションの良いものが安価で手に入ります。
店内や間口が広いので、ふらりと入りやすい敷居の低さも、人気の要因と言えるでしょう。

初心者でも入りやすい!NYのヴィンテージ・ショップ
©Hideyuki Tatebayashi

家具類は中古品ながら良いものが置いてあり、しかもとても安いのです。
食器類は、グラスやカップが1ドルからあり、場合によっては、ファイヤーキングやパイレックスに出逢うこともあります。定期的にチェックせずにはいられません。

初心者でも入りやすい!NYのヴィンテージ・ショップ
©Hideyuki Tatebayashi

服類は、トップス、ボトムス、ジャケット、ドレス類と分類され、なおかつ色別に陳列されているので、自分の欲しいものがとても探しやすいのが嬉しいポイント。

いずれも使用感が少なく、綺麗にクリーニングされており、フツーのヴィンテージ・ショップでありがちなボタンが取れかけていたり、汚れていたりというダメージ品を見かけたことがありません。

夏のトップスは10ドル〜、冬のジャケットなども20ドル〜で買うことが出来ます。気に入ったものが安く買えた日には、ホクホクしてしまいますね。日本でも人気のブランド、セオリー(Theory)のデッドストックは、手を通していないものが1/10ほどの定価で置いてあることがあります。このブランドはシンプルなので、流行に左右されませんよ。

初心者でも入りやすい!NYのヴィンテージ・ショップ
©Housing Works

店内はセンス良く、見やすくディスプレイされ、バッグや靴も有名ブランド品が思いがけない値段になっていることもあります。さりげなく置いてあるスカーフやマフラー、アクセサリーもお見逃しなく。

初心者でも入りやすい!NYのヴィンテージ・ショップ
©Yelp

オンライン・ショッピングでも、入手が可能です。
最近素敵な家具などは、オークションにかけられることが多く、人気の高さが伺われます。

初心者でも入りやすい!NYのヴィンテージ・ショップ
©Housing Works

ディスカウントDAYも


毎週火曜日は、学生とシニア(60歳以上)は20%ディスカウントの日。
学校に通っている人、60歳以上の人はID(身分証明書)を見せれば、レジで割引してくれるのです。

初心者でも入りやすい!NYのヴィンテージ・ショップ
©Housing Works

安くて良質な理由


ヴィンテージ・ショップの商品が、何故こんなにも安くて良質なのでしょう?それは、寄付とボランティアでまかなわれているからなのです。Housing Worksの母体は、エイズとホームレスの支援団体。NYCの2大重要課題である「エイズ」と「ホームレス」を撲滅するため、支援、擁護活動を続けています。

エイズ患者、ホームレスの心身含めた医療サービス、エイズキャリアのテスト、ホームレスの住居の確保、トランスジェンダー(性同一性障害)支援など幅広く活動している大きな運営組織なのです。売り上げは、エイズ患者でホームレスのための住居、医療、食料補助、職業訓練および斡旋などに充てられます。

この組織の活動に賛同する一般からの寄付が商品であり、店員さんはボランティアで運営されています。寄付はマネージャーによって査定され、基準を満たした美品でないと受け取らないそうです。それゆえ、商品のレベルが保たれているのですね。店内のセンスの良さは、インテリア雑誌“Elle Décor(エル・デコ)“の編集長が運営メンバーにいることで、なるほど納得出来ました。

“Sex and the City”のキャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーが、PRをしています。ずいぶんお若い時ですね。


【Sarah Jessica Parker For Housing Works(youtube)】



少しでも誰かの役に立つのは嬉しいこと。小さなショッピングが、ニューヨークでの忘れられない思い出になるかもしれませんね。


Housing Works Thrift Shop
住  所 157 E 23rd St (between Lexington Ave & 3rd Ave), New York, NY 10010
電  話 (212) 529-5955
WEB   shophousingworks.com
営業時間 Mon-Fri: 10 AM- 7 PM, Sat: 10 AM-6 PM, Sun: 12 PM-6 PM
マンハッタンブルックリンに合計12店舗

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,,,,,,, | アメリカ,グッズ,ショッピング,トレンド,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,観光,観光,豆知識,豆知識