> > > > これぞ思い描く避暑地の理想型!大自然と共存する「ヨセミテ国立公園」

,,,,,,,,, | 観光,アメリカ,世界遺産,北アメリカ,絶景

これぞ思い描く避暑地の理想型!大自然と共存する「ヨセミテ国立公園」

ライター: 亀田 みか
更新日: Jan 16th, 2017

ロサンゼルスサンフランシスコの中心に位置する「ヨセミテ国立公園」。それぞれの都市から車で5〜6時間かけて訪れるこの公園は、カリフォルニア州に住む人々にとって人気の「避暑地」です。


氷河と時間の経過が作り出した景勝


ヨセミテといえば、何百万年といった月日が生んだ珍しい形の岩山、清らかな水が流れる小川や湖、豪快に流れ落ちる滝。これらの景観が世界的にも貴重な資源だと判断され、1984年には世界遺産にも登録されました。

なかでもシンボルとも言える岩山「ハーフドーム」は、標高2700メートル級でありながらも、ナイフで縦にスパッと切られたようなフシギな岩壁の持ち主。1万年前頃には、先住民の祖先が生息していたと言われていることからも、青空の中に佇む様は、どこか神秘的な空気が漂います。抽選にはなりますが、トレッキングコースも!

公園内は、ヨセミテバレー/ヨセミテビレッジ、グレーシャーポイント、マリポサグローブと、大きく分けて3つのエリアに分かれます。最大のポイントであるヨセミテバレー/ヨセミテビレッジには、ロッジやキャンプ場、スーパーなどが点在し、見どころは無料シャトルで巡れます。

,,,,,,,,, | アメリカ,世界遺産,北アメリカ,絶景,観光,観光