> > > > レゴがおもちゃを超えた!躍動しそうなネイサン・サワヤの作品がすごい

レゴがおもちゃを超えた!躍動しそうなネイサン・サワヤの作品がすごい

ライター: 釜井知典
掲載日: Sep 28th, 2014. 更新日: Jun 16th, 2017


小さなブロックをアート作品に変えたネイサン・サワヤ氏


誰もが小さい頃遊んだ「レゴブロック」。近頃では様々なパーツもあり、大人にも絶大な支持を集めるおもちゃのひとつです。そんな中、ニューヨークを拠点に活動しているアーティスト、ネイサン・サワヤ(Nathan Sawaya)氏の作品が注目を浴びています。


遊び心を持って丹念に作られていくアートは、顔の表情までも伝わってくる ©公式サイト


元々弁護士として活動していたネイサン氏は、ある日仕事を辞めてレゴアーティストに転身。彼が作り上げる作品は、躍動感に溢れており、四角いブロックを積み重ねて作ったとは思えないほど。ニューヨークとロサンゼルスにあるスタジオには、約250万色以上のレゴブロックをストックしており、日々新たな作品を生み出しているそうです。


©公式サイト

ギャラリーで次々を新しい作品を生み出すネイサン氏。レゴブロックは、形・色で仕分けしてストックされています。

おもちゃとは思えない「アート」の数々


近づいて見てみるまでは、レゴブロックで作った作品とは思えないネイサン氏のアート。ニューヨーク・アジア・オーストラリアなどで開催された「The Art of the Brick」展では、新作も含め数々の作品が出展されました。現在はニューヨーク・マイアミ・マウイ島にあるギャラリーや、様々な地域で行われている展示会で、彼の作品を見ることができます。


「The Art of the Brick」展では新作も登場した ©公式サイト


彼の生み出す作品が多くの人を魅了する理由は、その美しく柔らかな曲線美。ゴツゴツとしたレゴブロックをいくつも使って、作品を“リアル”に創りあげていくのです。


約6mもあるティラノサウルスは、レゴブロックには見えないほど迫力満点。


©公式サイト


本当に泳いでいるように見える躍動感に溢れた作品。

20463-05
©公式サイト


「YELLOW」と名付けられているこの作品には、一体どのような意味が込められているのでしょうか?


©公式サイト


今にも動き出しそうなレゴアート、一度は生で見てみたいものですね。

釜井知典

Kamai Tomonori
アパレル.電材商社で働いた知識を生かし、不動産・ファッション・電機系の記事をメインに執筆。webを中心とした活動をしており、ライター以外にもコンテンツのディレクション業務や、文章の編集構成などエディターとしても活躍。

,,,,, | アメリカ,グッズ,トレンド,北アメリカ,観光,観光


アメリカの観光関連リンク

アメリカ 猫カフェの猫 アメリカ 猫カフェの猫
216554-09 216554-09
Amtrak(アムトラック)5 Amtrak(アムトラック)5
ジャクリーヌ・ケネディ・オナシス貯水池 セレブのお気に入りジョギングコース ジャクリーヌ・ケネディ・オナシス貯水池 セレブのお気に入りジョギングコース
211764-02 211764-02
211369-04 211369-04
【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い? 【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い?
ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅 ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅
映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地!旅人を魅了した幻の滝「モスブレー」 映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地!旅人を魅了した幻の滝「モスブレー」
【ニューヨーク現地取材】エンパイア・ステート・ビルディングの入り口が2018年8月より変更に 【ニューヨーク現地取材】エンパイア・ステート・ビルディングの入り口が2018年8月より変更に
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

アメリカ グッズ トレンド 北アメリカ 観光 観光