> > > > 【世界で話題】クールジャパン!「たまちゃんの巻き寿司」がやっぱりすごい

,,,,,,, | グルメ,イギリス,ヨーロッパ,北海道・東北,宮城県

【世界で話題】クールジャパン!「たまちゃんの巻き寿司」がやっぱりすごい

ライター: 釜井知典
更新日: Jun 16th, 2017


世界から注目される、驚きの巻き寿司


色とりどりの食材を使い、見た目も鮮やかな巻き寿司。そんな巻き寿司をアートに変えたのが、“たまちゃん”こと清田貴代(きよたたかよ)さん。元々イラストレーターとして活躍していたためか、そのセンスの良さと独創的な発想で作り上げられる巻き寿司は、アートな巻き寿司として、日本国内だけでなく世界でも話題になっています。

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート
十人十色な「ムンクの叫び」。それぞれ違った叫びを抱えてそうですね。

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート
イギリスのロイター通信に取り上げられ、世界へと発信された「ピカソの女」

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート
日本のテレビでも紹介された「なまけもの」は、中が空洞になっているユニークな巻き寿司

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート
瞳を閉じた優しげな「聖母子像」。米粒ひとつに至るまで気を配って生まれるアート

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート
キスをする可愛らしい恋人達。食べる時は、二人を引き裂かないように気をつけて!

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート
エジプトのクレオパトラを象った巻き寿司も。こんな豪華なおせち料理、もったいなくて食べられません!


たまちゃんの作る巻き寿司は、切る位置によって表情が少しずつ変わるのも醍醐味。ひとつひとつカットされた巻き寿司から、違った印象を受けるのです。切ってみるまでわからない、巻き寿司ならではの驚き。そんな楽しさもたまちゃんの作品には潜んでいます。

人気殺到のワークショップ


この巻き寿司は、彼女にしか作り出せないというわけではありません。実は、巻き寿司を通して「食べる事の大切さ」を伝えたいと、たまちゃんは日本全国で「たまちゃんのにっこり寿司ワークショップ」を開催しているそう。こんな楽しい巻き寿司が自分で作ることができるのです!次回は、2014年11月9日に仙台で行われる予定だそうですよ。ワークショップについての情報はたまちゃんのブログにて発信されています。


切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート 「春のはんなり舞妓はん」をテーマに開催されたワークショップ

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート 完成を想像しながら、丁寧に作るのも巻き寿司アートの楽しみ

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート どんな顔になるのかは、切ってみるまでわかりません!

切って初めて完成?!見て食べて楽しめる”たまちゃん”の巻き寿司アート みんなで作った舞子さん達が、「笑顔」に変えてくれます


同じ表情がないからこそ、それぞれの個性を楽しめる巻き寿司アートは、出来上がるまでの行程も魅力といえます。ワークショップでは、参加者の作品に、たまちゃん自身がインスパイアされることもあるのだとか。「違い」を楽しめるからこそ、面白いアートが生まれるのかもしれませんね。


[たまちゃんのにっこり寿司 ブログ]
[たまちゃんのにっこり寿司 Facebookページ]

[All photo by facebook/たまちゃんのにっこり寿司]

釜井知典

Kamai Tomonori
アパレル.電材商社で働いた知識を生かし、不動産・ファッション・電機系の記事をメインに執筆。webを中心とした活動をしており、ライター以外にもコンテンツのディレクション業務や、文章の編集構成などエディターとしても活躍。

,,,,,,, | イギリス,グルメ,グルメ,グルメ,ヨーロッパ,北海道・東北,宮城県