> > > > 【30周年記念】走りながら観光も!LAマラソン大会が大人気の予感

【30周年記念】走りながら観光も!LAマラソン大会が大人気の予感

ライター: HACHI
掲載日: Nov 20th, 2014. 更新日: Oct 27th, 2015

1984年のロサンゼルス・オリンピックより始まった『ASICS LAマラソン』は、アメリカ西海岸最大のマラソン大会。なんと来年は、記念すべき第30回を迎えるそうです!

LAマラソン ©American Spirit/Shutterstock.com

LAマラソンの制限時間は、東京マラソンよりも1時間長い8時間。マラソン初心者にも嬉しいですね。


大人気コース“Stadium to the Sea”


2010年から変更され、次の大会で6回目となるランニングコース “Stadium to the Sea”。

ドジャースタジアムからスタートし、ハリウッド、ウエストハリウッド、ビバリーヒルズ、ウェストウッドなど、世界的に有名なロサンゼルスのランドマークを通って、サンタモニカのビーチでゴールをするという、走ると同時に観光も楽しめる、とても人気の高いコースです。

コースを少しのぞいてみましょう!

LAマラソン START地点、ドジャー・スタジアム ©Ffooter/Shutterstock.com

LAマラソン Downtown

LAマラソン HOLLYWOOD ©nito/Shutterstock.com

LAマラソン BEVERLY HILLS ©Filipe Frazao/Shutterstock.com

LAマラソン GOAL地点、Santa Monica

見ているだけでも、今すぐ走りたくなってしまうようなコース!
この他にも、ウォルト・ディズニー・コンサートホールや、キャピトル・レコードビル、チャイニーズ・シアターなど、走りながらも見どころ満載です。

,,,,,,,, | アメリカ,北アメリカ,東京都23区,観光,観光,観光,関東


アメリカの観光関連リンク

【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ) ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
ありえない!日本人がアメリカの温泉街で驚いたこと ありえない!日本人がアメリカの温泉街で驚いたこと
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

アメリカ 北アメリカ 東京都23区 観光 観光 観光 関東