> > > > 【ジャーレシピ】ピクニックで大好評! 自家製「サングリア」

【ジャーレシピ】ピクニックで大好評! 自家製「サングリア」

Posted by: sweetsholic
掲載日: Jun 2nd, 2015. 更新日: Jun 16th, 2015
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ヨーロッパでお馴染のワインカクテルといえば、冬はホットワイン、夏はサングリア! フルーツの甘酸っぱさとほんのりした甘さで、ワインベースながらゴクゴク飲めちゃいそうです。

【ジャーレシピ】初夏にぴったり! ワインと果物で作る「サングリア」
(C)sweetsholic

先日、お天気の日に友人を誘って、近所の公園へピクニックへ出かけました。ジャーに入れて持って行ったところ「可愛くて実用的!」と、意外にもウケた模様。持ち運びに便利なので、ピクニックだけでなくBBQにもよさそうですね。

そこで今回は、ジャーで作るサングリアのレシピをご紹介します。好みのフルーツを好きなだけ使って、ゆる〜い感じで作ってみましょう!

【材料】(4杯分)
好みのワイン…ハーフボトル(375ml)
好みのリキュール…大さじ2〜3
オレンジ…1〜2コ
レモン…1/2コ
りんご…1/2コ
ネクタリン…1コ
グラニュー糖…30〜50g
炭酸水…適宜

【ジャーレシピ】初夏にぴったり! ワインと果物で作る「サングリア」
(C)sweetsholic

【作り方】
1. りんごとネクタリンは種を取って5mm角に切る。オレンジとレモンは輪切りに。ピッチャーにフルーツと絞ったオレンジ(1/2〜1コ分)、グラニュー糖、ワイン、リキュールを入れて、冷蔵庫で3時間〜一晩寝かせます。
2. 1のサングリアをフルーツごとジャーの2/3量まで注ぎ入れたら、炭酸水を加えてステア(軽くかき混ぜる)。ストローをさしたらできあがりです。
※リキュールはブランデーなど好みのものでOK。今回はラズベリーを漬け込んだフルーツブランデーを使用しました。


サングリアのコネタ

誕生秘話には諸説ありますが、15世紀のスペインという説が有力のようです。当時はスペイン北部のワイン産地ラ・リオハ州の赤ワインやその土地で造られたブランデーなどを用いて作っていたそうです。飲みやすさと美味しさから、サングリアは瞬く間に隣国ポルトガルでも大人気に。

【ジャーレシピ】初夏にぴったり! ワインと果物で作る「サングリア」

現在ではスペインやポルトガルはもちろん、南米やマカオなどでも本格的なサングリアを楽しむことができます。かつては赤ワインで作るのが主流でしたが、白やロゼなどを使って作るところも。

サングリアに使うワインは、重厚なものよりもあっさりした味わいのものが向いているようです。1本500円程度のものや、飲み残しのものでも十分。旬のフルーツをたっぷり入れて、好みの味を見つけてみてくださいね。

[spanish-wines.org]
[Photo by Shutterstock.com]

sweetsholic

sweetsholic ライター
海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。世界で経験した文化や学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理が大好き。寄稿媒体:Pouch、ANGIEなど

ブログ
https://ameblo.jp/ma-petite-chocolatine/


,,,,,,,,, | グルメ,豆知識,トレンド,ヨーロッパ,スペイン,グルメ,豆知識


スペインのグルメ関連リンク


ログローニョ リオハ バル タパス ログローニョ リオハ バル タパス
スペイン バスク ビルバオ スーパー スペイン バスク ビルバオ スーパー
ビルバオ バル ビルバオ バル
サン・セバスチャンのバル サン・セバスチャンのバル
Bodegón Alejandro Bodegón Alejandro
La Viña(ラ・ビーニャ) バスクチーズケーキ La Viña(ラ・ビーニャ) バスクチーズケーキ
ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア
スペイン発オシャレな青のウォーターボトル「ソラン・デ・カブラス」 スペイン発オシャレな青のウォーターボトル「ソラン・デ・カブラス」
春のランチが楽しみになる、世界のサンドイッチ5選 春のランチが楽しみになる、世界のサンドイッチ5選
1 2 3 NEXT