> > > > 【アメリカ】工芸家スタイルで美しい。パサデナにある歴史的建造物へ

【アメリカ】工芸家スタイルで美しい。パサデナにある歴史的建造物へ

ライター: CAMAX
掲載日: Apr 17th, 2016.

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

パサデナ(LA郡)に「The Gamble House」というお家があるのですが、もともとはP&GのDavid and Mary Gambleのために建てられたもので、現在は国の歴史的建造物に指定されていて中を見学することができます。パーキングは無料です。

Gamble House

中は写真が撮ることができなかったと思います。中に入るときは、ヒールはぬいで、ビニールのカバーをつけて歩きます。

Gamble House

ツアーに参加して、説明を聞きながら見学します。日本の美術品の影響も受けているとのことで、ランプなど日本風のものもあります。

Gamble House

Gamble House

広めの裏庭で花を見たり、池を眺めたりのんびりした気分になれます。ただ、パサデナは内陸で夏はとっても暑いので注意! 蒸し暑いです。

Gamble House

Gamble House

Gamble House

Gamble House

Gamble House

CAMAX

CAMAX

,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,観光,観光


アメリカの現地レポート関連リンク

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#Gamble House #パサデナ #歴史的建造物