> > > > 【NY現地ルポ】米レストランは「チップ廃止」の動き

【NY現地ルポ】米レストランは「チップ廃止」の動き

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

なぜレストランでのチップが廃止の方向に?

●最低賃金の引き上げ
今までアメリカの最低賃金は、時給7ドル25セント。利用客からチップが見込まれるサーバー(ウェイターおよびウェイトレス)は、最低賃金で働いていました。

2014年に最低賃金の引き上げが可決され、2015年12月31日に9ドルへ。最終的に時給15ドル(2020年予定)に引き上げられます。

●キッチンスタッフとの格差の軋轢
客単価の高い高級レストランでは、能力の高いサーバーは一晩で200-300ドルのチップを稼ぐこともあり、法律上チップ制度に恩恵がないキッチンスタッフ(料理を作るシェフなど)やバスボーイ(食べ終わった皿を下げる、洗い物をする)との軋轢が生じる場合がありました。

【NYC】米レストランは「チップ廃止」の動き

NYCのチップ廃止のレストラン

(2016年4月17日現在) 
【NYC】米レストランは「チップ廃止」の動き

Annisa
Biang
Bruno
Café China
Chef’s Table at Brooklyn Fare
Craft
Dirt Candy
Eleven Madison Park 
Fedora
Freek’s Mill
Huertas
I Trulli 
Insa
Maialino
Meadowsweet
The Modern 
Momofuku Nishi
M. Wells Steakhouse
Okonomi/Yuji Ramen (Japanese 定食/ラーメン) 
Ootoya (Japanese 定食)
Pasquale Jones
Per Se
Prawn Shop
Restaurant Riki (Japanese 居酒屋) 
Roman’s
Sushi Yasuda (Japanese 寿司) 
Sutton Inn
Teisui (Japanese 寿司コース) 

,,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe





噴水ショー 噴水ショー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#NY #チップ #レストラン #和食