> > > > 古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!

古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!

ライター: 倉田直子
掲載日: Jul 3rd, 2016.

古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!
(c)Andriy Petryna

2016年6月、ポルトガルのとある道が色とりどりの灯りでデコレーションされ、その美しさで話題を呼びました。でもこのランプ、実はただのランプではなかったのです。


南の島で集められた、133個の洗濯機ドラム

古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!

その灯りが出現したのは、ポルトガルの離島マデイラ島。ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルですが、マデイラ島は更に本土よりも南西に位置します。上の地図の右側に陸地が写っていますが、上部が欧州のポルトガル、下部がアフリカ大陸のモロッコ。その地理的条件からも、温暖な気候であるということが分かります。

古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!
(c)Andriy Petryna

そんな南の島の街に出現したランプの、点灯前の様子がこちら。シルバーのランプシェードが、何かに似ていると思いませんか?

古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!

実はこのランプシェード、古くて使えなくなった横型洗濯機のドラムを再利用しているのです! マデイラ島でアートや文化に関する活動を行っている「Teatro Metaphora」というNPO団体が、増え続けるごみ問題に関する視覚的な警鐘として、このプロジェクトを発足させたのだとか。

,,,,, | ポルトガル,ヨーロッパ,現地レポート,現地レポート,観光,観光


ポルトガルの現地レポート関連リンク

【実録|旅先に定住①】ランチきっかけでポルトでセレクトショップをオープン! 【実録|旅先に定住①】ランチきっかけでポルトでセレクトショップをオープン!
発見、超ジャンクな伝統料理!リスボンから日帰りでポルトのワイナリーと地元グルメ 発見、超ジャンクな伝統料理!リスボンから日帰りでポルトのワイナリーと地元グルメ
【旅の失敗談と解決策】海外でトラブルに遭ったら・・・ 【旅の失敗談と解決策】海外でトラブルに遭ったら・・・
【リアルなお金の話】哀愁の国・ポルトガル9日間縦断旅行にかかったお金はいくら? 【リアルなお金の話】哀愁の国・ポルトガル9日間縦断旅行にかかったお金はいくら?
アールヌーボー建築がかわいい。アヴェイロ@ポルトガル/現地特派員レポート アールヌーボー建築がかわいい。アヴェイロ@ポルトガル/現地特派員レポート
情緒あふれる「7つの丘の街」を堪能!リスボンでしたい10のこと 情緒あふれる「7つの丘の街」を堪能!リスボンでしたい10のこと
古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身! 古い洗濯機のドラムが、ポルトガル離島で美しいランプに変身!
1

#アート #ドラム #マデイラ島 #ランプ #洗濯機 #絶景