> > > > ガンは、私の美を奪えない。治療で髪を失った17歳の少女

,,,, | 豆知識,アメリカ,スライドショー,北アメリカ

ガンは、私の美を奪えない。治療で髪を失った17歳の少女

ライター: 倉田直子
掲載日: Sep 11th, 2016. 更新日: Sep 20th, 2016

ガンは、私の美を奪えない。治療で髪を失った17歳の少女
日本には、「髪は女の命」という言葉があります。確かに女性の長い髪は美しく、美のアイコンとして私たちの意識に浸透しています。けれど、逆に髪がないと「美しい」とは言えないのでしょうか。この疑問に対して、病気で髪を失った17歳の少女がとても印象的なメッセージを発信し、話題を呼んでいます。


ガンで髪を失った17歳のモデル

ガンは、私の美を奪えない。治療で髪を失った17歳の少女 (C) Gerardo Garmendia Photographer

こちらは、アンドレア・シエラ・サラザール(Andrea Sierra Salazar)さん。テキサス在住で、モデルをしていた17歳の少女です。

ガンは、私の美を奪えない。治療で髪を失った17歳の少女
(C) Gerardo Garmendia Photographer

この美しいアンドレアさんは2016年前半に、悪性リンパ腫の一種である結節硬化型ホジキンリンパ腫(nodular sclerosis Hodgkin’s lymphoma)に罹患していることが分かりました。既にステージ2に進行していたため、すぐに化学療法治療を受けたそう。けれどそれは、彼女の美しい髪を治療に使う放射線の影響で失うことを意味していました。「とてもショックだった。自分の容姿に自信を持てなくなった」と当時を振り返ってアンドレアさんは語っています。

ガンは、私の美を奪えない。治療で髪を失った17歳の少女 (C) Gerardo Garmendia Photographer

それでも母親の勧めもあり、ウィッグを着用して徐々にモデルとしての活動を再開します。けれど、次第に彼女の中にある強い気持ちが芽生えてきます。

「私は髪の無い頭を恥じるべきじゃない。だって、私が誰であるかを決めるのは髪ではないのだから。私の髪や眉毛やまつげ、そんなものに私を定義させたりしない!」

そしてそんな彼女の想いにカメラマンのジェラルド・ガーマンディア氏(Gerardo Garmendia)が応え、とあるフォトセッションが実現しました。

■関連記事
デヴィッド・ボウイ、異星へ帰ったスーパースター
https://tabizine.jp/2016/01/26/56659/

,,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識,豆知識


アメリカの豆知識関連リンク

【夏のニューヨークで何を着ればいい?】6~8月の天気・ 気温、現地の服装 【夏のニューヨークで何を着ればいい?】6~8月の天気・ 気温、現地の服装
【たこ焼きそっくりさん】世界中で愛される、丸くて小さい粉ものフード 【たこ焼きそっくりさん】世界中で愛される、丸くて小さい粉ものフード
【LA発】インスタ映えスイーツ界のニューフェイス「Shag Cake」って何? 【LA発】インスタ映えスイーツ界のニューフェイス「Shag Cake」って何?
日本では簡単に手に入る、ニューヨークで恋しくなったもの10選 日本では簡単に手に入る、ニューヨークで恋しくなったもの10選
未来特集 始める前から諦めてない?大人にこそ必要な自分の欲求に素直になるという事 未来特集 始める前から諦めてない?大人にこそ必要な自分の欲求に素直になるという事
パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」 パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
【NYで時代を作ったアーティスト】ブラックピカソと呼ばれたバスキア 【NYで時代を作ったアーティスト】ブラックピカソと呼ばれたバスキア
14歳のアメリカ人少年が、日本でラーメン食べ歩き&修行ツアー! 14歳のアメリカ人少年が、日本でラーメン食べ歩き&修行ツアー!
旅行者も知っておきたい。ニューヨークのレストランのレベルは、入り口で分かる! 旅行者も知っておきたい。ニューヨークのレストランのレベルは、入り口で分かる!
【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! 【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい!
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT