> > あなたは行く派?行かない派?20代、30代のハロウィン事情が判明!

あなたは行く派?行かない派?20代、30代のハロウィン事情が判明!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

仮装する人は30代女性のママが多い!?

あなたは「行く派」or「行かない派」?20・30代のハロウィーン事情が判明

では、仮装に関してはどうでしょうか? 冒頭の調査では、ハロウィンの行事に参加する人に対して、「仮装して参加するか?」と聞いています。その問いに対して20代女性の44.0%、30代女性の実に51.3%が「はい」と答えています。

特に30代女性の変装が目立ちますよね。同調査の別の質問「(ハロウィンを)日本で祝ったり広まったりする現状をいいと思うか?」との問いに対し、30代女性の「いいと思う」人は、その理由として一番に「子どものためのお祭りとしてよい」(46.0%)を挙げています。

先ほど、30代女性はホームパーティーに参加する予定の人が最も多いとも触れました。

そう考えると、子持ちのママ友同士が子連れで誰かの家に集まり、子どもと一緒に変装をして楽しむといったパターンが多いのかもしれませんね。

あなたは「行く派」or「行かない派」?20・30代のハロウィーン事情が判明

以上、ハロウィン行事に関する実態をまとめましたが、いかがでしたか? 

ハロウィンをポジティブにとらえている人たちは、その理由として「本来の意味と違っても日本風に楽しめばいい」「たまにはめを外す機会としてよい」と考えている様子。

逆にネガティブにとらえている人たちは、「何かと理由をつけて騒ぐのはよくない」「本来の意味や趣旨を理解すべきだ」などと考えているみたいですね。

もともと海外では、日本のお盆などにあたる行事であるハロウィン。外国人から見ると、日本のハロウィンはいろいろと不思議に感じる部分があるそう。「海外で不思議がられる日本のハロウィン事情5選〜ハロウィンなのになぜ可愛い?〜」も要チェックですよ!

あなたは「行く派」or「行かない派」?20・30代のハロウィーン事情が判明

[今年の「ハロウィーン」は昨年より盛り上がる?2016年の動向を調査]
[All Photos by shutterstock.com]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


, | 豆知識


豆知識関連リンク

広島県福山市仙酔島 広島県福山市仙酔島

白桃みくじ 白桃みくじ

アメリカ国旗 アメリカ国旗
ローソク島 写真提供:隠岐の島町役場 ローソク島 写真提供:隠岐の島町役場
ネパール・カトマンズ ネパール・カトマンズ
大神山神社 奥宮2 大神山神社 奥宮2


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#コスプレ #ハロウィーン



豆知識