> > > トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマークTOP10

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマークTOP10

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

7位 血の上の救世主教会(ロシア・サンクトペテルブルク)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

歴史的な街並みが世界遺産に登録されている、ロシアのサンクトペテルブルクのアイコン的存在が、血の上の救世主教会。「血の上の」と少々穏やかではない名前がついているのは、教会が建っている場所が、皇帝アレクサンドル2世暗殺の場となったためです。跡をついだアレクサンドル3世によって、この教会の建設が始められました。

カラフルな玉ねぎ状の屋根、無数のモザイク画で彩られた壁面など、中世のロシア建築の影響を受けた独特の建築様式がエキゾチックな魅力を醸し出します。一度見ると忘れられない印象を残す外観だけでなく、宗教画で埋め尽くされた荘厳な内部にも圧倒されずにはいられません。

6位 メスキータ(スペイン・コルドバ)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

スペイン南部、アンダルシア地方の古都コルドバ。8世紀には後ウマイヤ朝の都となり、イスラム文化が花開きました。今もかつての繁栄を物語る歴史的な街並みは、世界遺産に登録されています。

そんなコルドバのシンボルがメスキータ。もともとは785年にイスラム教のモスクとして建てられ、13世紀にコルドバがキリスト教徒に奪回されると、キリスト教の聖堂として使われるようになりました。ところが、ミフラーブやアーチなどのイスラム建築の特徴は随所に残されたため、メスキータは、イスラムとキリスト教建築が融合した類まれなる建造物となったのです。

なかでも「円柱の森」と呼ばれるアーチがどこまでも連なる光景は幻想的。ひと目見た瞬間、その魅惑の世界にすっかり引き込まれてしまうはずです。

5位 タージ・マハル(インド・アグラ)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

「世界で最も美しいお墓」とも称されるインドの世界遺産、タージ・マハル。ムガール帝国5代皇帝シャー・ジャハーンが、この世を去った最愛の妃ムムターズ・マハルに捧げた霊廟です。

総大理石造りの白亜の霊廟は、インド・イスラム建築の傑作。22年の歳月と一日2万人の労働力をかけて造られた壮大なる愛のモニュメントです。緻密な計算に基づく完璧なまでの左右対称性が生み出す優雅なシルエットは圧倒的な美しさ。

壁面には、貴石をはめ込んで植物などの模様を表現する象嵌細工が施されていて、その繊細な職人技は感動的。離れて見ても、間近で見ても特別な美しさを見せてくれるのがタージ・マハルなのです。

4位 サン・ピエトロ大聖堂(バチカン市国)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

世界最小の独立国であり、国全域が世界遺産に登録されているバチカン市国の象徴が、サン・ピエトロ大聖堂。キリストの一番弟子であるペトロの殉教地に建つ大聖堂で、キリスト教の建築物としては世界最大を誇ります。

4世紀にコンスタンティヌス帝によって建てられた聖堂がはじまりで、16世紀にミケランジェロやラファエロといった巨匠たちの手によって大幅な改築が行われました。

6万人を収容できる聖堂の内部には、11の礼拝堂と45もの祭壇が設けられ、ベルニーニ作の大天蓋やミケランジェロ作の「ピエタ」をはじめとする一級の芸術品で埋め尽くされています。

カトリックの総本山、バチカン代表するにふさわしいサン・ピエトロ大聖堂は、まさに別格の壮麗さです。

次はいよいよ3位〜1位です!
(次のページに続く)

,,,,,,,,, | ランキング,アジア,ヨーロッパ,北アメリカ,中南米・カリブ,中東,インド,カンボジア,イタリア,スペイン,ロシア,ヨーロッパその他,ペルー,アラブ首長国連邦,アメリカ


アジアのインド関連リンク

インド・カシミール地方 インド・カシミール地方
マツコの知らない世界 バターチキンカレー マツコの知らない世界 バターチキンカレー
インド旅行 インド旅行


チャツネ(ディップ) チャツネ(ディップ)



一瞬で元気になれる、世界の幻想的なピンクの絶景7選 一瞬で元気になれる、世界の幻想的なピンクの絶景7選
1 2 3 4 5 6 7 8 9 NEXT