> > > トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマークTOP10

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマークTOP10

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

3位 アンコール・ワット(カンボジア・シェムリアップ)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

「行ってよかった世界遺産」として人気のアンコール・ワット。【10万円で行ける絶景】密林で眠り続けたアンコール遺跡では比較的お安く行ける世界遺産として紹介しました。カンボジアの国旗にも描かれているこの寺院は、世界遺産に登録されているアンコール遺跡群のひとつです。

アンコール・ワットは、9世紀から15世紀にかけてこの地を支配したクメール王国が残した最高傑作。12世紀にスーリヤヴァルマン2世によって建設されたヒンドゥー教の寺院です。正面の参道から全景を見渡すと、均整のとれた美しいシルエットに圧倒されます。壁に刻まれたインド抒情詩の「ラーマーヤナ」などをモチーフにした無数のレリーフも圧巻の美しさ。

朝日に照らされる神々しいアンコール・ワットの姿は、一生忘れられない光景になることでしょう。

2位 シェイク・ザイード・グランド・モスク(アラブ首長国連邦・アブダビ)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

アラブ首長国連邦(UAE)の構成国のひとつ、アブダビ。アブダビを代表する観光スポットが「UAE建国の父」と呼ばれるシェイク・ザイードが眠るシェイク・ザイード・グランド・モスクです。

4万人を収容できる世界有数の規模を誇るモスクで、白亜の建物はまるで宮殿のような壮麗さ。82個のドーム、1000以上の円柱、24金メッキのシャンデリアなど、そのスケールはケタ違いです。

1200人のイラン人女性が2年かけて制作したという世界最大の手織りのカーペットや、重量9トンを超えるシャンデリアなど、見事な芸術品で彩られた内装にもうっとりせずにはいられません。

1位 マチュピチュ(ペルー)

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

「一生に一度は行きたい世界遺産」としてあまりにも有名なマチュピチュ。標高2450メートルに位置する古代インカ帝国の遺跡で、地上からはその姿が見えないことから「空中都市」の異名をとっています。

アンデス文明は文字を持たないため、いまだ謎の多いマチュピチュは、世界遺産であるだけでなく、新・世界七不思議のひとつにも選ばれています。

とりわけ、遺跡が霧に包まれる朝には、言葉で表せないほどの幻想的な光景を見せてくれます。いまだ解けない謎があるからこそ、格別のロマンが感じられるのかもしれません。遠くても行って損なし!マチュピチュ遺跡の迫力に圧倒一生に一度は見たい!謎だらけの天空遺跡「マチュピチュ」で詳しく紹介していますよ。

トリップアドバイザー発表、2016年版・世界の人気ランドマーク10選

さすがに世界の人気ランドマークトップ10だけあって、いずれもそれぞれの国を代表する特別なスポットばかり。2017年、あなたはどこに行きたいですか?

[トリップアドバイザー「人気のランドマーク トップ 25 ‐ 世界」]
[All photos by Shutterstock.com]

春奈

Haruna ライター
和歌山出身、上智大学外国語学部英語学科卒。2度の会社員経験を経て、現在はフリーランスのライター・コラムニスト・広報として活動中。旅をこよなく愛し、アジア・ヨーロッパを中心に渡航歴は約60ヵ国。特に「旧市街」や「歴史地区」とよばれる古い街並みに目がない。半年間のアジア横断旅行と2年半のドイツ在住経験あり。現在はドイツ人夫とともに瀬戸内の島在住。


,,,,,,,,, | ランキング,アジア,ヨーロッパ,北アメリカ,中南米・カリブ,中東,インド,カンボジア,イタリア,スペイン,ロシア,ヨーロッパその他,ペルー,アラブ首長国連邦,アメリカ


アジアのインド関連リンク

インド・カシミール地方 インド・カシミール地方
マツコの知らない世界 バターチキンカレー マツコの知らない世界 バターチキンカレー
インド旅行 インド旅行


チャツネ(ディップ) チャツネ(ディップ)



一瞬で元気になれる、世界の幻想的なピンクの絶景7選 一瞬で元気になれる、世界の幻想的なピンクの絶景7選
1 2 3 4 5 6 7 8 9 NEXT