> > > > 連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第3話/幸せを共有したい人

連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第3話/幸せを共有したい人

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

台湾1日目。PM7:00

連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第3話/幸せを共有したい人

バスで向かった九份は山の上にあった。所狭しと並んだ商店街を抜けた先、見渡すとそこはもう完全にジブリの世界だった。どこからともなく聞こえる懐かしい笛の音は日本の曲を奏でているように思うが名前は思い出せない。歴史ある建物に沿って連なる赤提灯が子供の頃に行ったお祭りを思い出させた。

我先にと奪い合うような輝きではなく、目だけで楽しむ美しさでもなく、遠い遠い昔から変わらずそこにあり続ける情緒あふれる世界に誰もが心を奪われていた。

今ここにいること、今この景色を見ていること、全てが夢のようだった。数週間前まで、自分が台湾に来るなんてことは想像もしていなかった。「でも今、私は今、ここにいる」心の中で、そう自分に言い聞かせた。

行き交う恋人たちや家族が写真を撮ったり見つめ合ったりする中で、自分が2人の男性の間で揺れ動いていたことを思い出した。ここ数日、台湾に夢中になっていたため、すっかり忘れていたことが少しおかしくもあった。

連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第3話/幸せを共有したい人

「本当にキレイ・・・」

そう呟いた時、大地の顔が浮かんだ。「大地にもこの景色を見せてあげたい」素直にそう思い大地の嬉しそうな顔が浮かんだ。結婚や出産を考えると大地といることには不安があるけれど、それでも誰が好きかと聞かれれば大地の顔が浮かぶ気持ちは確かだった。心から一緒にいたい相手が大地なんだと気づいた。

2人の記念日にはどんなに仕事が忙しくてもどんなに遅くなっても会いに来てくれた。間違っていることをした時にはちゃんと叱って、最後には必ず「俺は千晴の味方だから心配するな」と包んでくれた。それ以上に何が必要だったんだろう。結婚や出産という当たり前とされる「幸せのカタチ」を求めすぎたあまり、本当に大切なものを見失いそうになっていた自分がはがゆくなった。

そう気づきながらも、あの一方的なメール以来、大地からは何も連絡がないのが現実だった。千晴が電話をしても大地がそれに答えることはなかった。今までこんなに連絡が途絶えたことはなかったのに。

大地のことが本当に好きだと気づいた愛おしさ、それから、大地のそばを離れようとした後悔が混在して、千晴の眼に涙が溜まった。泣かないようにと自分に言い聞かせると、目の前に広がる世界は涙のせいでぼんやりとかすみながらも、より一層輝きを増した。

>>>台湾までのお得な航空券は今いくら?

※この物語はフィクションです。過去および現在の実在人物・団体など実在するものとは関係ありません。

連載小説「迷える女子に一人旅のススメ」第1話/一人旅ってありかも?

[Photos by Shutterstock.com / 栢原陽子]

栢原 陽子

栢原 陽子 Yohko Kayahara 作家・コラムニスト
「UNI:たった1つの人生をブランドに」をテーマに仕事、ヨガ、恋愛ネタで「きっかけ」を創り出す記事を執筆中。 ヨガ業界の真ん中でライター、プロデューサーとしても活動をしながら"幸せ"や"愛"、"人生の意味"の答えを探し求めて、ふと立ち寄った東京にて日々迷子になりながら人生の旅を続ける。 UNIBRAND:http://unibrand.jp

, | 豆知識,アジア,台湾,豆知識


台湾の豆知識関連リンク


悠遊カード 悠遊カード
桃園空港MRT 桃園空港MRT

あっという間に宜蘭駅へ あっという間に宜蘭駅へ

猫1 猫1
JAL機内食2 JAL機内食2


1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

観光 グルメ/夜市 お土産/ショッピング ホテル 現地ルポ/ブログ 豆知識 台北 高雄



#小籠包 #小説



Ranking

豆知識 アジア 台湾 豆知識



リゾート現地ルポ/ブログ人気ツアー世界遺産グッズランキング豆知識旅のハウツートレンド絶景インタビュー特集



北海道・東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄 アジア ヨーロッパ 北アメリカ 中南米・カリブ ミクロネシア オセアニア・南太平洋 中東 アフリカ