> > > ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方【TABIZINE BLUE WEEK】

ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方【TABIZINE BLUE WEEK】

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: May 9th, 2017. 更新日: May 25th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
私たち日本人はブルーという色が好きですね。青い海に囲まれ、各地に青い山々を仰ぐ日本の地域性もあるかもしれません。「気持ちが落ち着く」、「清潔感がある」、「知的に見える」とブルーの服を選ぶことが多いでしょう。空や海をイメージするブルーは、世界的にも人気が高く、嫌う人が少ない色です。

ニューヨーカーも好むブルーを、彼らはどのように着こなしているでしょうか。


知性と品性を感じさせる紺色


オフィスにもデートにも使えるのが、紺色の強み

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
ノースリーブのニットのツーピースも、紺色なら露出の抵抗感が少なく、上品に見えます。身体の線が出やすいニットでも、プリーツスカートは安心して着られます。

紺色なら遊び心のあるデザインでも、抵抗感なし

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
ウエスト部分や裾が斜めにカットされ、肌の露出があるワンピースは、紺色だと派手に見えません。ちょっと冒険したいデザインは、紺色にすると周囲の抵抗感が少ないですよ。

全体のバランスがとりやすい紺色

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
紺色は品良く見えるけれど、無難にまとまりすぎるとつまりません。お洒落はいつだって、ほんの少しの冒険心を持っていたいもの。ボトムをトリコロールカラーの大胆なデザインにしても、奇抜に見えないのは紺色でまとめているから。

ブルーといえばデニムブルー


サラリと着るカジュアル

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
大人のカジュアルはうるさくなくサラリと。ブルーのベースボールシャツに、裾をロールアップしたジーンズ。歩きやすいスニーカーで。ヘアスタイルもスッキリ一つにまとめると、清潔感と大人らしさが出て好印象。

シンプルなスタイルこそ本質が出る

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
シンプルな紺色のシャツに、ジーンズ。ベーシックなスタイルこそ、あなたらしさが出るもの。大人のシャツスタイルをキメるには、安物を着ないことがコツ。

淡いブルーで女性らしさを

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
淡いブルーのデニムは、涼やかな色に女性の優しさが出ます。優しい雰囲気を演出したいなら、淡い色を選びましょう。

夏でも手放せないデニムシャツ

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
夏の室内や移動の交通手段は、クーラーが効いて寒い場合があります。女性に冷えは大敵。くるっと丸めて収納出来、シワが気にならないデニムシャツを一枚バッグに入れておきたいですね。

デニムでも普段着にならないスタイル

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
ブルーのデニムはお洒落着にはならないと思い込まないこと。ニューヨーカーは、デートにもOKのデニムの着こなしをしています。

エレガントなデニムスタイル

【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
デニムをブルーでまとめ、エレガントに着た好例。上質のトレンディなブルーシャツ、ややタイト目にはいたジーンズ。サンローランのバッグに、シャネルのシューズでランクアップすれば、お出かけ着になります。

他人と差をつけるブルーのスタイル


【世界で最も人気が高い色】ニューヨーカーに学ぶ、初夏のブルーの着こなし方
目にも涼しげで美しいトップス。シースルー素材でも、品良く着こなせるのはブルーの持つ力があってこそ。


初夏から夏は、目に涼しさを求めることもあり、ブルーを選ぶことが増えますね。淡いブルーは涼しげに見えますが膨張して見えるので、濃い色を差し色に入れるなどしてポイントを作ること。また濃いブルーは引き締まって見えますが、夏にはやや重めに感じますので白や淡い色を差し色に。ニューヨーカーのスタイルを参考に、初夏のブルーを素敵に着こなしてくださいね。

[All photos by Hideyuki Tatebayashi]
 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。
Do not use images without permission.

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,,,,,, | TABIZINE BLUE WEEK,アメリカ,トレンド,北アメリカ,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ


特集のTABIZINE BLUE WEEK関連リンク

人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】 人生に稀にしか起こらないこと ブルームーン【TABIZINE BLUE WEEK】
旅行気分でまったり楽しみたい、ブルーのカクテル3選 旅行気分でまったり楽しみたい、ブルーのカクテル3選
欧米では虐待と勘違いされて通報も!?身近でも意外に知らない【蒙古斑】のトリビア 欧米では虐待と勘違いされて通報も!?身近でも意外に知らない【蒙古斑】のトリビア
【アイスランド】心が洗練されそうな青の景色! 神秘的なヨークルサルロン氷河湖 【アイスランド】心が洗練されそうな青の景色! 神秘的なヨークルサルロン氷河湖
【世界遺産】青い富士山の絶景と眺望ポイント 【世界遺産】青い富士山の絶景と眺望ポイント
プロのアレンジも伝授!五月病を吹き飛ばす青い紅茶のススメ プロのアレンジも伝授!五月病を吹き飛ばす青い紅茶のススメ
ハッピーブルー キューピットが作ったハート型の絶景 ハッピーブルー キューピットが作ったハート型の絶景
【憧れのジューンブライド】幸せのおまじないサムシングブルー 【憧れのジューンブライド】幸せのおまじないサムシングブルー
青かるた〜青にまつわる豆知識詰め込みました!〜【TABIZINE BLUE WEEK】 青かるた〜青にまつわる豆知識詰め込みました!〜【TABIZINE BLUE WEEK】
一生に一度!イタリア・カプリ島「青の洞窟」 一生に一度!イタリア・カプリ島「青の洞窟」
1 2 3 NEXT