> > > > 忘れられない一言「この町は小さい。もっと違う国をみるときが来たんだよ」

忘れられない一言「この町は小さい。もっと違う国をみるときが来たんだよ」

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

「もっと違う国をみるときが来たんだよ」

この町は小さい。もっと違う国をみるときが来たんだよ

そしてその後また留学終了時期が近づいた、最後のレッスンの日。あまりにケンブリッジでの生活が楽しく、居心地がよく、まだ本当は日本に帰りたくないと言いました。

「何をもってそんなにケンブリッジがいいと言うの? イギリス人がいいって言ったって、きちんと教育を受けた人しか性格がよくないし。この町は小さい。もっと違う国をみるときが来たんだよ。フランスだって、インドだって、中東だって。もっと世界中を知った方がいい」

世界中を旦那さんの赴任でついてまわったメアリーだからこそ言えるアドバイスでした。

そしてその4か月後、イギリスでなくドイツで暮らし始めることになりました。なぜか、結果的にまたもや彼女の言葉に従っていたのです。

「もうここに来ることはないだろう」

この町は小さい。もっと違う国をみるときが来たんだよ

でも彼女の予言が外れたことがあります。

もうここに、ケンブリッジに来ることはないだろう、と何度か言われていましたが、それをいつも寂しく感じていました。なので、ドイツに来てから2週間経ったころに会いにいってきました。彼女は再訪をとても喜んでくれました。

もう来ることはないだろうと言われていたけれど、来ましたと伝えたら、「ときに同じ場所にくることは、前ほどよいものではないから」という答えでした。

「異国の地に暮らすことを決めたのは勇敢だよ。新しい土地に行くことはいいこと。人生は、物を買うことよりも旅、経験にこそ価値がある。その土地の言葉を、そして歴史を学び、しっかり暮らしなさい」

メアリーは先週92歳になったと言い、日本からのお土産を誕生日プレゼントだと言って喜んでくれました。

「See you again.」と言っても、いつもそれを笑顔でかわすメアリー。それが寂しいので、また彼女が元気なうちに会いに行きたいと考えています。

[All Photos by shutterstock.com]

鳴海汐

Shio Narumi ライター
イタリアはフィレンツェとタオルミーナの料理留学、イギリスはウエストン・スーパー・メアとケンブリッジの花留学を経て、現在はロンドンと神奈川を行ったり来たり。飛行時間の大幅短縮が実現するよう、心から科学の進歩を願う水瓶座。


,,, | 旅のハウツー,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イギリス,現地ルポ/ブログ


イギリスの現地ルポ/ブログ関連リンク

リンツ・リンドールのチョコレート リンツ・リンドールのチョコレート


日本とはまるで異なる元旦の朝食風景。イギリス南東部のオックスフォードシャーの友人宅にて 日本とはまるで異なる元旦の朝食風景。イギリス南東部のオックスフォードシャーの友人宅にて
ラドリーのエコバッグ ラドリーのエコバッグ

イギリスエールビール イギリスエールビール

ハムステッド・ヒース ハムステッド・ヒース
ロンドンのサンデーロースト、ローストビーフ ロンドンのサンデーロースト、ローストビーフ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ケンブリッジ #経験談 #英語 #語学