> > 【今日のアドベントカレンダー】12月23日「ゆるす、ということ」

【今日のアドベントカレンダー】12月23日「ゆるす、ということ」

ライター: 山口彩
掲載日: Dec 23rd, 2017.



12月23日。今日もまた、アドベントカレンダーの窓を、ひとつひとつ開けていくことにしましょう。


12月23日のアドベントカレンダー


グリムのお菓子の家は、お茶の用意をして小人たちの帰りを待つ白雪姫?


チョコレートは、「リンドール ミニミルクボール」です。


オーガニックティーは「ベリーセイボリーパイ」。ルイボスティーに、林檎、ラズベリー、ブルーベリー、クランベリー、シナモンなど。


そして入浴剤は、ぶどうの香りのバスソルト。甘い香りと紫色のお湯を楽しめます。


さあ、お茶の時間です。「ベリーセイボリーパイ」は前回ちょっと苦手な風味だったはずなのですが、今回はまったく問題なくおいしくいただけました。同じ味わいでも、体調や気分によって味わいの感じ方が違う・・・そのことを、こんなにはっきりと実感できたのはアドベントカレンダーのおかげかな、と思います。

ゆるす、ということ


随分と長い間、「ゆるす」という言葉の意味がわかりませんでした。

「ゆるし」というのは単なる甘えや甘やかしではないかと本気で思っていましたし、間違いをおかしたり、迷惑をかけた人はそれなりの罰を受けるべきだと思っていたからです。

それが、いつからか、「ゆるす」という行為に、妥協や折り合いだけではない、慈愛や未来への希望を感じるようになりました。

なかったことにしたり、忘れたりするわけではなく、この先の相手の可能性を信じる。

今でもすんなりと「ゆるす」気持ちになれないときもあるけれど、でもやはり、ゆるせる自分でありたい。

だってこの世から「ゆるし」がなくなれば、戦争のない平和な世の中は、永遠に訪れないと思うから。

それではまた明日。今日も一日、心が自由でありますように。


【今日のアドベントカレンダー】
12月1日から24日まで、毎日アドベントカレンダーの中身を紹介していく連載です。アドベントカレンダーを毎日楽しむ中で感じたこと、考えたことをつづっていきます。

紹介しているアドベントカレンダー
[クリスマス リンツテディ アドベントカレンダー 2017]
[イングリッシュティーショップ アドベントカレンダー]
[コルシュ社 組立式アドベントカレンダー グリムのお菓子の家]
[ジーピークリエイツ アドベントバスカレンダー]

[All Photos by Aya Yamaguchi]

山口彩

Aya Yamaguchi 編集長
インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。TABIZINE寄稿者から二代目編集長へ。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。いつか宇宙に行きたい。


,,,,,, | 現地レポート/ブログ,豆知識


現地レポート/ブログ関連リンク

SEPHORA SEPHORA
安座真船待合所売店 海蛇の粉 安座真船待合所売店 海蛇の粉
215009-05 215009-05
215009-06 215009-06
221579-04 221579-04
221641-04 221641-04
221899-02 221899-02
220126-02 220126-02
駁二芸術特区4 駁二芸術特区4
VILLAGE 11 FACTORY コスメ VILLAGE 11 FACTORY コスメ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

現地レポート/ブログ 豆知識