TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > グルメ > 焼いていないのに香ばしい。食べるバター「カノーブル」の安納芋バターケーキ誕生

焼いていないのに香ばしい。食べるバター「カノーブル」の安納芋バターケーキ誕生

Posted by: ひつじ
掲載日: Feb 6th, 2020.

バターの概念を次々に覆していく、“食べるバター”ブランド「カノーブル」。2020年を迎えた今回は、「今までにないバターケーキ」に挑戦。焼かずに焼き上げるという新製法で、新しいバターケーキを誕生させました。第一弾として、種子島の安納芋をフィーチャー。新感覚のバターケーキをご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


焼いていないのに香ばしい!? 安納芋バターケーキ


バターケーキと言えば、小麦と卵、砂糖をバターと混ぜてオーブンで焼き上げるのが一般的。しかし、今回発売するバターケーキは、小麦も卵も使わずオーブンでも焼かず、バターそのものをケーキに仕立てるという逆転の発想で誕生しました。

焼かずに焼き上げる新発想
香ばしさの秘密は、「焦がしバター」。焦がしたことにより生じる香りが、バターケーキの香ばしさを生み出しています。生地はしっとり味はしっかり。カノーブルだからこそ作り出せる新しいバターケーキです。


今回フィーチャーしたのはは、1ヶ月以上熟成させた種子島産の安納芋。糖度が高められた優しい甘みの安納芋は、バターのコクや塩味と相性抜群。一口で贅沢な味わいが楽しめます。


安納芋が徐々に甘くなっていく様子を表現したパッケージデザイン。製作する商品全てにこだわりが込められています。

商品詳細
商品名:「安納芋バターケーキ」
内容:1個入り(約70g)
価格:1,580円(税込)
賞味期限:冷凍保存(-15℃以下)未開封で60日間
※開封後はお早めにお召し上がりください

発売予定 
岡山店・東京店:2月10日から
ECサイト:1月28日から先行予約開始
百貨店ポップアップ予定などはSNSで発信します

PRTIMES

ひつじ

ひつじ
親の影響で韓国ドラマにハマり、そこから音楽、料理、ファッションへと興味の幅を広げる。おすすめは太陽の末裔。


| グルメ,関東,東京都23区,グルメ


東京都23区のグルメ関連リンク

北海道札幌市・札幌農学校「酪農ミルクプリン」2 北海道札幌市・札幌農学校「酪農ミルクプリン」2
アイキャッチ アイキャッチ
全部知ってたら「おにぎり通」!王道から最新型まで東京の厳選7軒 全部知ってたら「おにぎり通」!王道から最新型まで東京の厳選7軒
東京都文京区・「本郷ベーカリー本店」、「自家製チーズカスタード」「エビカツたまご」 東京都文京区・「本郷ベーカリー本店」、「自家製チーズカスタード」「エビカツたまご」

Onigily Cafe 外観1 Onigily Cafe 外観1
東京都武蔵野市・「PIECE OF BAKE吉祥寺店」店頭の生ドーナツ 東京都武蔵野市・「PIECE OF BAKE吉祥寺店」店頭の生ドーナツ
東京都港区・「Harry Potter Cafe Window」ドーナツ4寮セット 東京都港区・「Harry Potter Cafe Window」ドーナツ4寮セット
ワイルドポンドステーキ ワイルドポンドステーキ
アイキャッチ アイキャッチ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#バター



グルメ 関東 東京都23区 グルメ