TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > 豆知識 > 【節分】2022年は2月3日!今年の方角は?豆まきの由来は?恵方巻の食べ方は?

【節分】2022年は2月3日!今年の方角は?豆まきの由来は?恵方巻の食べ方は?

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Jan 18th, 2021. 更新日: Jan 25th, 2022

豆まきをしたり、恵方巻を食べることでおなじみの「節分の日」。2022年は2年ぶりに2月3日となります。豆まきの由来は? 恵方を向いていただく恵方巻の食べ方は? 今年の恵方はどちらでしょうか? 正しく知って日本の行事を楽しみましょう。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

節分


 


2022年は2年ぶりの2月3日

2021年は124年ぶりに節分の日が2月2日で話題になりましたが、2022年は2年ぶりに2月3日が節分の日となります。本来節分の日は立春の前日にあたり、国立天文台が観測・計算して発表する立春の日が2022年は2月4日となっています。立春の前日である2月3日が2022年の節分の日となります。

    節分の日

  • 2022年2月3日(木)
  • 2023年2月3日(金)
  • 2024年2月3日(土)
  • 2025年2月2日(日)

豆まきの由来は

節分の福豆
節分の際に行われる豆まきは、中国から伝わった「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式に由来する、邪気払いや厄除けのために行う豆をまく儀式です。豆は炒った大豆を桝に入れ、神棚にお供えした「福豆」をまきます。

2022年の恵方は?

恵方巻
節分の日に食べるとされる恵方巻は、その年の良い方向とされる恵方を向いて食べます。2022年の恵方は北北西。恵方巻には食べ方のルールがいくつかあります。

恵方巻の食べ方って?

恵方巻
恵方巻の食べ方にはルールがあります。ルールに則って、正しく恵方巻をいただきましょう。

恵方を向いて食べる

恵方とは、その年の福徳を司る「歳徳神(としとくじん)」のいる方角で、その方角に向かって事を行えば吉とされています。2022年の恵方は北北西のため、北北西の方向を向いて恵方巻をいただきましょう。

黙って食べる

よそ見をせず恵方を向いて、恵方巻を黙って食べます。食べ終わるまで黙って食べないと、ご利益が得られないといわれています。恵方巻を丸ごと食べ終わるまでは、家族などとおしゃべりせずに静かに食べます。

1本まるごと、一気に食べる

恵方巻
恵方巻は切り分けたりせず、1本まるごとを一気にいただきましょう。休憩をせずに一気に食べることがポイント。太巻きを食べるのが大変な場合は、中太巻きや細巻きを用意するのもよいでしょう。

2022年の節分は2月3日! 北北西を向いて、恵方巻を正しい食べ方でいただきましょう。

※2022年1月25日、TABIZINE編集部にて情報を更新しました。

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

, | 豆知識,関東,東京都23区,豆知識


東京都23区の豆知識関連リンク

どんど焼き どんど焼き

東京都千代田区帝国ホテル 東京都千代田区帝国ホテル


線香花火 線香花火



銭湯のススメ 銭湯のススメ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#恵方巻 #節分



novicelogo

豆知識 関東 東京都23区 豆知識