> > > > 聖火リレーでめぐる47都道府県【5月29日~】福井県のルート&名所・観光スポット3選

聖火リレーでめぐる47都道府県【5月29日~】福井県のルート&名所・観光スポット3選

Posted by: 内野 チエ
掲載日: May 29th, 2021.

東京2020オリンピックの聖火リレーは、ギリシャの首都アテネで引き継がれた聖火が47都道府県をめぐり、日本を一周します。聖火リレーのルートに沿って、日本各地の名所・観光スポットをご紹介します!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

福井県永平寺町永平寺1


福井県のルートとランナーは?

聖火リレーは20201年3月25日(木)に福島県からスタート。5月29日(土)~30日(日)は福井県を聖火ランナーが走ります。

●1日目(5月29日)
高浜町の若狭高浜海釣り公園を出発し、おおい町、小浜市、若狭町、美浜町、敦賀市、南越前町、越前町から、鯖江市の西山公園へ。
●2日目(5月30日)
越前市武生中央公園多目的グラウンドを出発し、池田町、大野市、勝山市、永平寺町、あわら市、坂井市を経て、福井市中央公園に到着します。

福井県を走る有名人ランナーはこちら!
●女優・高橋愛さん
鯖江市を走行(5月29日)
●フェンシング選手・佐藤希望さん
越前市を走行(5月30日)
●俳優・津田寛治さん
福井市を走行(5月30日)

見どころ・気比の松原


(C)公益社団法人福井県観光連盟

気比(けひ)の松原は、虹の松原、三保の松原と合わせて日本三大松原と呼ばれています。青い海と白い砂の海辺に、青々とした松林が織りなす景色はどこか懐かしく、日本ならではの風情を感じさせます。

約3キロ東には氣比神宮があり、かつて気比松原は神社の神苑として守られた場所でした。平均樹齢200年を超えるとみられるアカマツとクロマツの松林。木々が海風に吹かれる様子を眺めていると、不思議と心がほっと休まります。自然の豊かさを五感で受け止めながら、散策やジョギングで体を動かすのにうってつけのコースです。

見どころ・永平寺

福井県永平寺町永平寺2
永平寺は曹洞宗大本山永平寺といい、1244年に道元によって開かれた修行の場でした。境内の広さは約10万坪。あたりには樹齢700年を超える木々が寺院を包み込むようにそびえ、神聖な空気が漂います。禅の里とも呼ばれる永平寺では、何十人もの修行僧が読経する「朝のおつとめ」への参加や、坐禅、写経などの体験ができます。実際の修行の場に交じり、禅の神髄に肌で触れることができる貴重な機会となりそうです。

見どころ・あわら温泉


(C)公益社団法人福井県観光連盟

関西の奥座敷とも呼ばれるあわら温泉は明治時代の1883年に発見され、以来、湯治客が通う温泉街として発展しました。毎年春には「あわら温泉春まつり」と称して、芸妓さんによるお囃子や踊りの奉納、三種類の山車が温泉街を練り歩く、華やかなお祭りが開催されます。

あわら温泉では温泉宿がそれぞれの源泉を持ち、泉質の異なるお湯を楽しむ“湯めぐり”がオススメの過ごし方です。また、えちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」のロータリーの前には、屋台スタイルのグルメスポット「湯けむり横丁」があり、古き良き温泉街の風情を感じながらお店自慢のメニューの食べ歩きが楽しめます。

[Photos by Shutterstock.com]

内野 チエ

内野 チエ ライター
Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。20歳で第1子を出産後、母・妻・会社員・学生の4役をこなしながら大学を卒業、子どもが好きすぎて保育士と幼稚園教諭の資格を取得、など、いろいろ同時進行するのが得意。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。特技はワラビ料理と燻製作り。


,, | 観光,中部,福井県,観光


福井県の観光関連リンク

茶屋テラス(北西の展望台) 茶屋テラス(北西の展望台)
福井県永平寺町永平寺2 福井県永平寺町永平寺2

美浜テラス(東の展望台) 美浜テラス(東の展望台)



九頭竜峡 紅葉2 九頭竜峡 紅葉2

若狭和田ビーチ 若狭和田ビーチ
1 2 3 NEXT

#お寺 #東京オリンピック #温泉



観光 中部 福井県 観光