TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > 現地ルポ/ブログ > 夜の浅草を楽しむスポット9選!ライトアップに行列のできる絶品ハンバーグも

夜の浅草を楽しむスポット9選!ライトアップに行列のできる絶品ハンバーグも

Posted by: 北 秀昭
掲載日: Aug 17th, 2022.

東京の観光地の名所の一つである浅草。コロナ禍以降は、観光客が大幅に減少しましたが、緊急事態宣言が解除されて以降は、徐々に人でも増えつつあります。今回は35℃を超える日中を避け、19時より浅草の街を散策。昼間とは違った魅力を醸し出す、夜の浅草をご案内しましょう。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

浅草寺
>> 【SNSで話題】大行列の「浅草茶屋たばねのし」人気の抹茶ブリュレクレープを実食
 


昼間とは趣きの異なる魅力!ライトアップされた「浅草寺」

雷門
浅草の顔ともいえる有名スポット「雷門(かみなりもん)」や「浅草寺(せんそうじ)」は日没後にライトアップ。多くの観光客でにぎわう日中とは大きく異なる、独特の雰囲気が楽しめます。

夜の浅草寺
ライトアップされるのは、周囲が暗くなり始める日没後から23時頃まで。基本的に1年365日、毎日ライトアップ。夜は建物の赤色が強調されるなど、かなり鮮明で鮮烈で、昼間とは違ったインパクトあり。一方で建物自体が巨大なせいか、落ち着いた雰囲気も併せ持っているのが特徴です。

夜の仲見世通り
昼間は多くの観光客でにぎわう仲見世通り。日没後はお店も閉店しますが、通りはライトアップ。人通りも少ない、ひっそりとした夜の仲見世通りは、昼間とは180度空気感の異なる、清楚で落ち着いた雰囲気。歩いているだけで、「昼間より得をした」ような、贅沢な気分です。

夜の浅草寺2
ライトアップされた、赤を基調とした夜の雷門や浅草寺は、日本人が持つ繊細な感覚が、ライトアップによってあぶり出されているような、何とも妖艶で不思議なイメージ(日本人であることを、再確認させられる感覚)。逆に言えば、外国人観光客が多いのも納得。昼間では決して味わえない、光を利用した巧みで見事な演出だと感じます。

夜の浅草寺五重塔
昼間の雰囲気とは大きく異なる雷門、浅草寺、五重塔。夏の浅草は、夕涼みがてらのお散歩にも最適です。取材当日は多くの日本人観光客のほか、戻って来た外国人観光客の姿もちらほら。

浅草寺(浅草寺)
住所:東京都台東区浅草2-3-1
https://www.senso-ji.jp/

雷門柳小路から新仲見世通りへ散策

雷門柳小路のエスニック服飾雑貨店「ペンプティハウス」

雷門柳小路
浅草には大小のさまざまな通りがあります。浅草雷門近くにある「雷門柳小路」は古き良き街並みの面影を今も残す、個性的で素敵な商店街。

浅草ペンプティハウス
雷門柳小路にある「ペンプティハウス」は、「体にイイモノを身に付ける」を合言葉に、従業員自ら現地仕入れを行いセレクトした、おしゃれなエスニック系の服飾雑貨店です。

Pempti House(ペンプティハウス)
住所:東京都台東区浅草1-18-12
https://www.pemptihouse.com/

新仲見世通りのもんじゃ焼き店「ぜんや」

浅草・新仲見世通り「ぜんや」
新仲見世通りには、行列のできるお店も多数あり。こちらは、もんじゃ焼きの人気店「ぜんや」。

浅草もんじゃ ぜんや
住所:東京都台東区浅草1-21-9
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13227471/

新仲見世通りのたい焼き店「鳴門鯛焼本舗」

浅草新仲見世通り鳴門鯛焼本舗
そして、たい焼きのお店「鳴門鯛焼本舗」。どちらも平日の19時過ぎですが、待ち人多数。

浅草新仲見世通り鳴門鯛焼本舗看板

鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世通り店
住所:東京都台東区浅草1-28-1
https://www.taiyaki.co.jp/shop/

伝法院通りの手相・運命鑑定「聖象の相談室」

聖象の相談室
レトロで昭和テイストに満ち溢れたお店が連なる「伝法院通り」にある、手相・運命鑑定の「聖象の相談室」。19時半頃には、周囲のお店はすでに閉店しており、辺りはやや暗めですが、聖象の相談室は元気に営業中。まるで大都会の中の一匹のホタルのような、人情味あふれる浅草ならではの、ほっこりする風景だなぁと感じました。

聖象の相談室
住所:東京都台東区浅草2-3
https://asakusanioideyo.com/11/289/

人気漫才コンビも出演「浅草演芸ホール」

浅草演芸ホール
新仲見世通りを西へ進むと、辺りの雰囲気がにぎやかになってきました。写真は六区ブロードウェイ商店街にある、東京のお笑いの殿堂「浅草演芸ホール」。漫才、落語、漫談など、毎日笑いをお届け中。取材日の午後の部は、“ヤホー”でおなじみの人気漫才コンビ「ナイツ」も出演。

浅草演芸ホール
住所:東京都台東区浅草1-43-12
https://www.asakusaengei.com/

若者たちで大にぎわい!昭和レトロな雰囲気の「浅草ホッピー通り」

浅草ホッピー通り
浅草演芸ホールから少し歩くと、昭和時代にタイムスリップしたような!? 東南アジアのテイストが入り混じったような、不思議な空間の「浅草ホッピー通り」に突入。

この通りは多数の居酒屋が集まる、昔ながらのにぎやかな路地。屋外席もあり、浅草名物のホッピーや煮込みはもちろん、ビールや焼き鳥などが楽しめます。

取材時は平日で時間は19時半頃ですが、どの店もお客さんの入りは、8割~満席の大盛況。浅草というイメージから、「お客さんはオジサンが多いのかな?」と思いきや、20代~30代前半と思しき若者がメインで、若い女性が多いのも特徴です。通り全体が、若者たちのエネルギーによるものなのか!? とにかく活気に満ちあふれていました。

浅草ホッピー通り1
浅草ホッピー通りは、午前中からお酒が飲めるお店も多く、休日は昼間でも大にぎわい。近くには場外馬券場もあり、特にダービー開催日には競馬新聞を凝視する、おひとりさまのオジサンたちのオアシスになります。

しかし取材当日の夜、各店を隈なくチェックしたところ、2人以上で来店する人がほとんどで、おひとりさまは、ほぼ皆無(女子2人組のお客さんも多数)。浅草ホッピー通りの夜は、まさに若者たちのオアシスのようです。

浅草ホッピー通り2
なお、お店によっても異なりますが、ホッピーやビールの価格は中ジョッキで1杯650円くらい。煮込みなどのつまみは、1品500円前後。駅前の居酒屋などに比べ、「ジョッキ1杯+つまみ1品=1,200円前後」は、やや割高な気もしますが、きっとこれは「浅草ホッピー通りの雰囲気を楽しむ料金」も含まれているのでしょうね。

浅草ホッピー通り3
筆者はオジサンですが、にぎやかなお店の雰囲気に圧倒され、残念ながらひとりでお店に乗り込む勇気はありませんでした。活気に満ちふれた夜の浅草ホッピー通りは、2022年8月現在、2人以上での利用をオススメします(繰り返しますが、女子2人以上ならば、とっても入店しやすいと思います)。

浅草ホッピー通り
住所:東京都台東区浅草2-3-19

ドン・キホーテ横のお弁当店
すっかり若者たちに占拠されたイメージの浅草ホッピー通りですが、少し離れると、オジサンたちが静かに談笑できる、昔ながらのお店も点在しています。総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」(浅草店は24時間営業)の脇にある、屋外飲み屋を兼ねたお弁当屋さんでは、昔ながらの、“浅草流のテラス席”で憩うオジサンたちも。

東京スカイツリーと隅田川の絶妙コラボ。夜の「吾妻橋」を満喫

吾妻橋
浅草ホッピー通りの迫力にすっかり圧倒され、しばし夜景を楽しむべく、15分ほど離れた静かな「吾妻橋」へ移動します。目前には隅田川をまたぐ、ライトアップされた美しい吾妻橋。

吾妻橋の風景
また、橋上から一望できる東京スカイツリー、金色のアサヒビール本社、スーパードライホール屋上のオブジェ。心安らぐ、何ともゼイタクな光景です。

時刻は20時前で、おなかもすいてきました。そこで、おひとりさまでも気軽に利用できるお店をスマホでリサーチ。おいしくて、しかもお手頃価格のハンバーグのお店「モンブラン」を発見しました。

モンブランはランチもディナーも行列のできる人気のお店。取材当日、雷門通りにある「浅草店」は定休日。そこで吾妻橋から徒歩10分ほどの場所にある「吾妻橋店」(都営浅草線・吾妻橋駅すぐ)を予約。電話で問い合わせたところ、「30分後であれば、すぐにご案内できます」とのこと。ラッキー!

スーパードライホールの階段
時間つぶしに吾妻橋のすぐそばにある、「スーパードライホール」(吾妻橋の東京スカイツリー側)に立ち寄りました。写真上はスーパードライホール下に設置された、白く光る階段。清楚で落ち着いた雰囲気のこの場所は、浅草の隠れた名所のひとつ。何とも不思議な、幻想的な光景が広がっています。仲睦まじいカップルも多いですね。

吾妻橋
住所:東京都墨田区

テレビや雑誌でおなじみ!ハンバーグの有名店「モンブラン」

浅草モンブラン吾妻橋店外観
ハンバーグやステーキ、フライ、シチューなど、洋食メニューをそろえた浅草の超有名店モンブラン。テレビや雑誌にも頻繁に登場する同店は、ランチタイムやディナータイムには行列のできる、リーズナブルなお店として知られています。

モンブラン吾妻橋店サンプル
「浅草に来たら必ず寄る」「モンブランのハンバーグを食べるために浅草へ来る」というコアなファンも多数。有名人や芸能人もその味に魅了され、頻繁にやって来るそうです。

モンブラン吾妻橋店店内
木の温かさを基調にした、庶民的で落ち着いた雰囲気の店内。おひとりさまでもゆっくりと食事が楽しめます。

モンブランのハンバーグとビール
ハンバーグはコクのあるブラウンソースのロシア風、おろしオニオンの特性醤油ソースの和風、ピリ辛のトマトソースのメキシコ風、ピリ辛トマトとチーズのソースのイタリア風、ワインとマッシュルームのデミグラスソースのフランス風、ソフトなチーズソースのオランダ風、ハンバーグシチュー、カレーハンバーグなど多数。

今回、筆者がセレクトしたのは、イタリア風ハンバーグ(1,045円)と中ジョッキ生ビール(528円)。

モンブランのイタリア風ハンバーグ
写真を見るだけで、超おいしそうでしょ! イタリア風ハンバーグは、酸味の効いたトマトソースとコクのあるチーズによる絶妙な味わい。ズバリ、メッチャうま! 鉄板にのった肉汁たっぷりのハンバーグは一見小振りですが、肉厚のためにかなりのボリューム。平打ちパスタやコーンの付け合わせもあり(ランチタイムはさらにライス付)、これだけでおなかいっぱい。ごちそうさまでした!

ハンバーグの店 モンブラン吾妻橋店
住所:東京都墨田区吾妻橋2-2-5相川ビル
https://www.monburan.co.jp/

夜の東京スカイツリー
おなかもいっぱいになり、お店を出ると、電灯で装飾された「東京スカイツリー」がお出迎え。さて、そろそろ帰りましょうか。いろんなものが詰まった浅草の夜は、とってもにぎやかで魅力的でした。皆さんもぜひ一度、訪れてみてはいかがですか。

[All Photos by Kita Hideaki]

>>浅草で意外なスイーツ発見!お漬物屋さん「丸仁の森」のミルクソフトクリーム実食ルポ

>> 【自分流の浅草観光に】キッチン付き客室が快適すぎる「BON東京浅草」宿泊記

>>【日本最古を探せ】ルーツは江戸時代の植物園の遊園地「浅草花やしき」

北 秀昭

kita-h 編集者・ライター
神戸~東京築地~横浜~兵庫姫路~大阪京橋育ち。瓦敷き職人助手、空手師範代助手、ダスキ〇のお掃除部隊等に従事しながら高校・大学を卒業後、旅行グルメの編プロを経て、車やバイクに特化した出版社に勤務。バイク専門サイト「4ミニ.net 」運営。


,,, | 観光,現地ルポ/ブログ,関東,東京都23区,現地ルポ/ブログ,観光


東京都23区の現地ルポ/ブログ関連リンク

37 ローストビーフ 37 ローストビーフ
鳥取県のアンテナショップとうふ竹輪3 鳥取県のアンテナショップとうふ竹輪3



ダイソー財布 ネックストラップ付 スマホ入れてみた ダイソー財布 ネックストラップ付 スマホ入れてみた
新宿 パン 食べ放題 新宿 パン 食べ放題
東京都渋谷区・「and people jinnan」スノーローズヒップ、チーズケーキ2 東京都渋谷区・「and people jinnan」スノーローズヒップ、チーズケーキ2
東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装 東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装
新潟県のアンテナショップ表参道・新潟館ネスパス 新潟県のアンテナショップ表参道・新潟館ネスパス
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ライトアップ #浅草 #浅草寺 #街歩き