> > > アフリカンミュージックと料理の美味しい関係!?

,, | アフリカ,ガーナ,グルメ,セネガル

アフリカンミュージックと料理の美味しい関係!?

Sep 11th, 2013

海を渡ってドンブラコ。昔はさぞかし大変だっただろうな〜と思うほど遠いアフリカ。でも、今では日本で暮らすアフリカ人の方も多く、アフリカの文化はグッと身近になりました。
そんなある日、静岡の海辺で開催されたフェス「WIND BLOW」。

アフリカンミュージックと料理の美味しい関係!?

ここにもたくさんのアフリカ人アーティストが参加。広いアフリカ大陸を象徴するかのように、音楽も楽器も実に多様。彼らが愛用する民族衣装と同じく、カラフルで多彩なメロディーが次々と流れ出します。アフリカと言えばやはり太鼓。日本でもポピュラーなジャンベは、セネガル、ギニアなど西アフリカ一帯の伝統的な楽器で、祭りはもちろん、日常的に演奏されています。

アフリカンミュージックと料理の美味しい関係!?

この日、ガーナから来日していたテティ・アディさんはトーキングドラムやパンロゴという太鼓で登場。
これはコンガの原型とも言われている古く歴史ある楽器。
しかも彼はドラマー&ダンサーでありながら、部族の儀式を司る神主や祈祷師のような存在でもあるそうで、彼の奏でる音楽をこんなに身近で感じられるのは、とても貴重な体験です。
心臓が強く脈打ち、まるで生を謳歌するような音に身を委ね、あのリズムはいったいどこから来るのか…。そんなことを考えていると、同じく打楽器奏者であるラティール・シーさんが出展している屋台を発見しました。

アフリカンミュージックと料理の美味しい関係!?

ラティールさんはセネガル出身。こちらが、彼のおすすめカレー。(写真はラティールさんではなくお友達)。
ひよこ豆が入っています。
ちなみに、ひよこ豆は健康維持やダイエットに最適な低脂肪・高たんぱく食品。しかもカレーといえば、体温や新陳代謝を上げる作用があり、脳の血液量を増やして循環を良くしてくれるため、集中力を高める働きもあるのだとか。つまり、アフリカの食事と音楽を学べば、健康でよりハッピーな毎日が送れるってことなのかもしれません。

菅明美

,, | アフリカ,ガーナ,グルメ,セネガル


気になる国の記事を検索!