> > 旅の新定番!世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ

,, | ホテル・旅館,旅のハウツー,現地レポート,豆知識

旅の新定番!世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ

Feb 13th, 2015

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
“ヨーロッパのお城で一週間過ごしてみたい” “ニューヨークのオシャレなアパートに一泊したい” “開放的なヴィラで一ヶ月暮らしたい”。そんな夢が叶ってしまう「Airbnb(エアビーアンドビー)」。

世界中のユニークで宿泊可能なお家を、あらゆる価格帯で探すことができるサービスです。

しかし、価値観や文化が全く違う外国の家に泊まるのはハードルが高く、何となく不安を感じるのも確か。そこで実際に海外旅行でAirbnbを利用した体験レポートとともに、上手に使うコツもお伝えしたいと思います。

実際に泊まったのは、こんなところ!

ニュージーランドで最も都会と言える、北島のオークランド。理想の宿泊物件は、都会のオシャレなアパートメントです。利便性、そしてなるべく静かな場所を・・・と求めて辿り着いたのが、ここ「Modern studio – Central Auckland」。

アパートメントタイプの1ベッドルームで、白を基調とした落ち着いた空間です。

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
ホテル並、いや、それ以上に清掃や管理が行き届いているクリーンな空間に驚き! きれい好きな人なら満足感は◎ ホストのEdreenさんはスーパーホストのバッジの保持者です(C)Airbnb/Modern studio – Central Auckland

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
嬉しいことに、ウェルカムドリンク、フルーツ、お茶やクッキーも用意(C)Loco Yoneda

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
明るく広いリビング、開放感があり、気持ちよく過ごせます(C)Loco Yoneda

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
キッチンには、冷蔵庫・電子レンジ・オーブン・食器類・調理器具等なんでも備わっています(C)Loco Yoneda

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
ベッドはふかふか、シーツも清潔、熟睡できました・・・(C)Airbnb/Modern studio – Central Auckland

世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
水周りだってとてもクリーンです。タオルやドライヤーを含めたアメニティーも充実(C)Airbnb/Modern studio – Central Auckland

これに加え、Wi-Fi環境も抜群。自宅のようにほとんどのものが揃っており、不自由を感じさせません。旅先とは思えない安心感、ホテルにはない安堵を感じて過ごしたAirbnbでの一夜でした。

Airbnbを上手に使うコツ

Airbnbでアカウントを開設する際には、パスポート等の身分証明書が必要です。また、宿泊施設をスムーズに予約したいのであれば、押さえておきたいポイントがあります。

1:宿は早めに探す

どんな旅行でも言えることですが、宿は早めに目星をつけておきましょう。特に、人気の観光地で宿泊物件を探す際はお早めに。遅くとも一ヶ月以上前には目星をつけて予約しておくといいと思います。オンシーズンともなれば、人気の物件は三ヶ月前に予約で埋まっていることも。

2:予約前に気をつけたいこと

宿の目星をつけたら、内容を再度しっかりと確認。
・ 間取り
・ アメニティ/設備
・ 料金(キャンセルポリシーは必読)
・ お部屋の紹介
・ ハウスルール
・ ホストについて
・ 利用者レビュー

Airbnbには利用者レビューという欄があります。利用者が宿泊した感想や、物件に対する評価が星印で記載されているので、宿泊先選択の上では必読です。星印が多く付いているほど(最高評価は5スター)Airbnbで実績があり、利用者からの評価も高い物件になります。

3:ホストがどんな人か気になったら、ここをチェック

個人間でのやり取りが中心となるAirbnbで気になるのは、ホストがどんな人かということ。そんな時には、ホストの自己紹介をのぞいてみましょう。Airbnbにおいて、ホストが経験豊かで十分なホスピタリティを満たしていれば、「スーパーホスト」のバッジがページに記載されています。

4:予約前に疑問や不安があれば、積極的にホストへメッセージを送る

宿泊物件の空室状況は常に変動します。
「Airbnb内に表示されている予約カレンダーには空室と記載があったけど、予約をリクエストしたら満室で断られた!」ということもしばしば。
本当に予約ができるのか不安な時は、ホストに直接連絡をして疑問を解消しておくとよいですよ。

ホストが宿泊を歓迎してくれる時は、「事前承認」がメールで届きます。宿泊前にホストとコミュニケーションをとってみると、“もうここから旅は始まっている!”と感じられるでしょう(笑)

5:ビギナーは特に知っておきたい!スムーズに予約を確定させるコツ

初めてAirbnbを利用者するというトラベラーや自己紹介がミニマムなトラベラーは、部屋が空いていても予約を断られるケースがあるようです。実際に今回、Airbnb初体験だったせいか、6件中4件から予約を断られてしまいました(笑)

同時に数件程の候補物件へ問合せをしておくと、比較的スムーズに宿泊物件を見つけることができそうです。ホストへ送る問合せメールのコツは、自己紹介や旅の目的、などを添えておくこと。ホスト側も心を開いてあなたの宿泊を検討してくれるはずです。
そして、問合せをした物件の中で、一件の予約が確定した時点で、速やかに他のホストへ断りの連絡を入れましょう。その際は、丁寧にお礼の気持ちを伝えることをお忘れなく。またいつか、そこへ宿泊する日がくるかもしれません。

だだし、予約確定後(決済後)の宿泊物件に対するキャンセルについては別です。ホストに迷惑をかけてしまうことはもちろん、一部料金(Airbnb手数料)は返金されません。予約が確定してから安易にキャンセルすることは避けたほうがいいでしょう。

おまけ:クーポンを利用する

Airbnbでは時期によってお得なキャンペーンが実施されています。現在実施されているキャンペーンはこちら。新規・既存ユーザーに関わらず、10,000円のクーポンを取得できるそうです。
(※2015年2月末まで。クーポンの仕様、利用方法はAirbnb公式サイトにて要確認)

予約が無事完了すると、ホストから建物住所などの詳細情報が送られてきます。そして、あとは出発を待つのみ。どうかよい旅を!

[Photo by Modern studio – Central Aucklandshutterstock.com、Loco yoneda ]
[取材協力:Airbnb]
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

米田ロコ

,, | ホテル・旅館,旅のハウツー,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!