> > > 現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

,, | アフリカ,アフリカその他,絶景,観光

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

Apr 24th, 2014

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

デッドフレイ。900年以上前に干涸びてしまった沼地に、地の底から救いを求めて飛び出した手のように、枯れ木だけが取り残された場所。灼熱の太陽がもたらす圧倒的な光と影により、このように絵のような光景が生み出されます。

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

デッドフレイはナミビアのナミブ砂漠の真ん中、世界一高い砂丘に囲まれています。真昼は40度以上、冬の夜は氷点下まで下がる、その名の通り死の沼地(Deadvlei)です。

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

水の気配は全くなく、ただ白くひび割れた地面が広がっています。

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

この白と背後の赤砂漠、そこに空の真っ青も加わると、なんとも美しいコントラストに。

現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地

そのコントラストが、一枚の「絵」になる瞬間。灼熱の太陽でもえる砂漠のオレンジ、干上がった沼地の白、影になった枯れ木の黒。本当に、絵画にしか見えません。

厳しい自然はときに、こんな絶景を私たちに見せてくれるのです。

[All Photos by shutterstock.com]

山口彩

TABIZINEをフォロー

2017年4月1日よりTABIZINEのSNSアカウントが新しくなりました。 読んだら旅に行きたくなる、そんなTABIZINEの記事をSNSでも配信してまいります。 ぜひご登録をお願いいたします。

,, | アフリカ,アフリカその他,絶景,観光


気になる国の記事を検索!