> > > 軒を連ねるレトロなおでん街!静岡県民に愛される真っ黒な「静岡おでん」とは

,,,,,, | グルメ,中部,現地レポート,静岡県

軒を連ねるレトロなおでん街!静岡県民に愛される真っ黒な「静岡おでん」とは

Nov 17th, 2016

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
一段と冷え込んでくる今日この頃。こんな寒い日、「おでん」が恋しくなることはありませんか? そんなときに、一風変わった真っ黒な「静岡おでん(しぞーかおでん)」に挑戦してみるのはいかがでしょう?
黒・・・? と疑問に思う方が大半だと思いますが、静岡県の「おでん」は真っ黒が定番なんだそうです! お酒のおつまみに、駄菓子屋でおやつに、もちろんおかずにも、静岡県民にとっても愛されている、真っ黒な「静岡おでん(しぞーかおでん)」とは!?

ちょっと独特。静岡おでんの5ヶ条

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
静岡おでんを知るには欠かせない「5ヶ条」というものがあります。

① 黒はんぺんが入っている
② 黒いスープ(牛スジ)
③ 串にさしてある
④ だし粉・青のりをかける
⑤ 駄菓子屋にある

静岡県では、駄菓子屋におでんが売っているのが当たり前。おやつとして、こどもの頃からおでんに親しんでいるんです。どんな味か気になります!

駅近!レトロな雰囲気が素敵な「青葉おでん街」と「青葉横丁」

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
東京駅から静岡駅までは新幹線で意外にも、1時間ちょっと。静岡駅から10~15分歩くと、レトロな雰囲気が広がる「青葉おでん街」や「青葉横丁」に到着。赤ちょうちんと、10人程度で満席になるカウンター席が特徴的なお店が軒を連ねています。レトロで独特な雰囲気にテンションも上がります。

もともとは戦後、静岡市役所前の青菜公園に約200台ものおでん屋台が並んでいました。しかし昭和32年に都市開発のために撤去することになり、現在の「青葉おでん街」と「青葉横丁」に移転し、現在まで続いているそうです。

初心者にもオススメの有名店「三河屋」

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
「青葉横丁」の中でも最も古く、有名だという「三河屋」さんへ!

昭和23年に創業。先代のお父さんから、息子さんが現在は引き継ぎ、伝統の味を守っています。67年継ぎ足してきた「おでんのたれ」が美味しさの秘密。

初めての静岡おでん、何を注文するか迷ったときは「静岡3点盛り」がおすすめ。静岡名物の黒はんぺん、牛すじ、こんにゃくのセットです。

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
これに、だし粉・青のりをかけていただきます。黒い色の見た目とは裏腹に意外とあっさりとしたお味。少しだけ食べるつもりが、どんどん注文してしまう美味しさ。

黒はんぺんはイワシからできているため黒くなります。普通の白いはんぺんよりもしっかりとした噛みごたえがあり、お魚の味もじわーっと広がり美味しい。

静岡県ではんぺんと言えば、この黒はんぺんのことだそうで白いはんぺんを、わざわざ「白はんぺん」と呼ぶんだとか。

合わせるのは、「静岡割り」で決まり

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
静岡の「お茶」は有名ですよね。「静岡割り」は、もちろんウーロン茶割りではなく静岡の緑茶で割ってあるんです。静岡の美味しさを存分に味わいたい方は見逃せません。

静岡出身のさくらももこさんも訪れるそうで、壁にはサインも飾ってあります。常連さんだそうですよ!

軒を連ねるレトロなおでん街!真っ黒な静岡市のソウルフードとは
また、初心者の方にも分かりやすく、メニューとお値段が張り出されているので安心です。

カウンターに10名ほどでいっぱいになる店内は、明るくて優しい雰囲気にみちています。お店の方や、常連の静岡県民のみなさんと会話を楽しみながら食べると、静岡おでんもより一層美味しいですね。

[All Photos by akaryx]

akaryx

,,,,,, | グルメ,中部,現地レポート,静岡県


気になる国の記事を検索!