> > 全然意味が違う「誤解されやすい方言」とは?東京のきつねは大阪ではたぬき!

,,,,,,, | 豆知識

全然意味が違う「誤解されやすい方言」とは?東京のきつねは大阪ではたぬき!

Aug 12th, 2017

日本人同士で言葉が通じない?全然意味が違う「誤解されやすい方言」とは
地域によって異なる日本の方言は、美しく味わいのあるものです。ただし、耳慣れた言葉が、方言では異なる意味を持つ場合があります。同じ国なのに、意味が通じないなんてややこしいですね。

篠崎晃一氏の著書『誤解されやすい方言小辞典』から、意味がまったく異なる、誤解されやすい方言を紹介しましょう。

ややこしい「東京のきつねは大阪でたぬき」

日本人同士で言葉が通じない?全然意味が違う「誤解されやすい方言」とは (C) PR TIMES

•東京では、うどんであれ蕎麦(そば)であれ、「揚げ玉(天かす)」がのっていれば「たぬき」と呼ぶ。ところが、大阪で「たぬき」を注文すると、甘辛く煮た油揚げをのせた蕎麦が運ばれてくる。東京の「きつね蕎麦」が「たぬき」に化けてしまったのである。

•もともとうどんが標準的な大阪の食文化のなかで、甘辛く煮た油揚げをのせた「うどん」が「きつね」として食されてきた。そこに標準から外れた蕎麦を使ったことで「たぬきに化けた」ととらえられたわけである。

•つまり、「きつね」と「たぬき」は、東京では具の違いであるが、大阪では蕎麦かうどんかの違いであって、具は油揚げと決まっているのである。

篠崎晃一氏著 「誤解されやすい方言小辞典」より

大阪人が、東京で「たぬき」と注文して「そば? うどん?」と聞かれ、出てきたのは揚げ玉ののった蕎麦。日本の東西間のカルチャー・ショックのひとつでしょう。東京での「たぬき」は揚げ玉を意味し、大阪では「きつね」「たぬき」ともに具は甘辛い揚げを指し、「きつね」はうどん「たぬき」はそばと麺類の違いを意味するそうです。それゆえに、「きつねそば」「たぬきうどん」は存在しないそうです。

さらに京都では、東京人が理解出来ないメニュー構成になっています。京都では、一般的には、味のない短冊状の油揚げがのったうどんが「きつねうどん」、それがあんかけになると「たぬきうどん」となります。
「あんかけでドロッとしている」ことから、きつねが「ドロン」と化けて、たぬきになったと言われるそうです。さらに、甘辛く煮た三角形の油揚げがのったうどんは「甘ぎつね」うどん。ややこしいですね。

上記は東京出身の筆者は知らず、ビックリしました。

[京都のうどんの謎 たぬきは化ける!? そうだ京都、行こう]
[キツネとタヌキのうどんとそばが、京都と大阪で違いすぎる! Tenki.jp]

青山 沙羅

,,,,,,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!