TABIZINE > 観光 > 絶景 > 天空の町、死にゆく町。崩れる前に一目観たい、儚さに宿る美しい姿

天空の町、死にゆく町。崩れる前に一目観たい、儚さに宿る美しい姿

Posted by: 藤原亮子
掲載日: Nov 13th, 2015. 更新日: Dec 2nd, 2015
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

天空の町、そして死にゆく町、神秘的な「チビタ・ディ・バーニョレージョ」

深い渓谷の中に、浮き島のようにぽつんとある小高い丘の上に作られた町。谷から見上げれば、まるで空の上にある天空の町のよう。谷にかけられた1本の長い橋を渡ってようやくたどり着く神秘的な景色の町「チヴィタ・ディ・バーニョレージョ」をご紹介します。


天空の町

天空の町、そして死にゆく町、神秘的な「チビタ・ディ・バーニョレージョ」

チヴィタ・ディ・バーニョレージョはイタリア・ラーツィオ州にある町。起源は古く、紀元前、エトルリア人によって作られたとされています。切り立った丘の上に町を作ったのは、外敵から町を守るためでした。

現在は、まるで孤島のように、深い谷に囲まれている町ですが、実は以前は丘に渡る尾根がありました。しかし、16世紀の大地震で、この尾根が崩壊、町だけが谷の中に取り残されてしまったのです。

そうして、深い谷の中に浮かぶように残った町は、神秘性すら感じる美しい景色となりました。尾根があった所に橋がかけられ、今は谷を渡る長い橋を渡って町へ行くことができます。まるで天に向かって架けたようなその橋が、さらに町の美しさを際立たせます。

さらに谷を霧が埋める日には、本当に雲の上に浮かぶ町のようになり、幻想的な風景が広がります。

死にゆく町

幻想的な景色のこの町は、「死にゆく町」と呼ばれています。

それはこの辺りの土地が凝灰岩でできており、非常に崩れやすく、この町を支える台地が、今も少しずつ崩れていっているから。

天空の町、そして死にゆく町、神秘的な「チビタ・ディ・バーニョレージョ」

実際、町の下の方から見上げると、台地がボロボロと削れてしまった跡がみてとれます。

天空の町、そして死にゆく町、神秘的な「チビタ・ディ・バーニョレージョ」

地盤の弱さから、今ある建物も崩れる危険性があることや、細い1本橋を渡ってしか町に行けない不便さも手伝って、町の人の多くが移住してしまい、いまでは20人程の居住者が残るのみです。

天空の町、そして死にゆく町、神秘的な「チビタ・ディ・バーニョレージョ」

町はひっそりと静かな佇まい。

天空の町、そして死にゆく町、神秘的な「チビタ・ディ・バーニョレージョ」

台地の崩壊は年々進み、そう遠くない将来、いつかは崩れてなくなってしまうだろうと言われています。この町の人々は、町をとても大事にしていますが、今現在のどんな技術でも、崩れゆくこの台地を留めることはできないんだと、寂しそうに話してくれました。

美しい景色は、時として人の心を揺さぶり、何かを思い起こさせてくれることがあります。形あるものはいつか必ず消えてなくなる運命だとしても、それでも、私たちはその運命の中でも今生きているということ、凛として美しくあるこの町の姿に、学ぶことがあるように思いました。

■チヴィタ・ディ・バーニョレージョへの行き方
国鉄Orvieto駅から、バスに乗り換えて、Bagnoregioのバス停で下車。チヴィタ・ディ・バーニョレージョまで徒歩約25分。

[All photos by Ryoko Fujihara]

藤原亮子

Ryoko Fujihara フォトグラファー&ライター
イタリア・フィレンツェ在住フォトグラファー&ライター。東京でカメラマンとして活動後、’09年、イタリアの明るい太陽(と、おいしい食べ物)に魅せられて渡伊。現在、イタリアで撮影・執筆活動をしつつ、更なる美しい景色を求めてカメラ片手に旅を続けている。

| 観光,絶景,豆知識,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イタリア,現地ルポ/ブログ,観光,豆知識


観光の絶景関連リンク



「阿伏兎観音」観音堂 「阿伏兎観音」観音堂
雨晴2 雨晴2
マクセルアクアパーク品川「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」美しき薔薇物語 ※イメージ マクセルアクアパーク品川「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」美しき薔薇物語 ※イメージ
黒部ダム 黒部ダム
日帰り旅行のイメージ 日帰り旅行のイメージ
千羽鶴鹿公園 くまモン 千羽鶴鹿公園 くまモン

うずまの鯉のぼり栃木9 うずまの鯉のぼり栃木9
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#神秘的