> > 気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

ライター: Maaya
掲載日: Jan 28th, 2016. 更新日: Feb 18th, 2016

【写真を通じて、思いをかたちにするサイト「フォト総研」より寄稿】

お出かけや旅行から帰ってきて、撮影した写真を見返してみると・・・「あれ?風景や観光名所ばっかり。」なんて経験はありませんか?

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

今回は、写真を撮り始めた人こそありがちな、ついつい撮り忘れてしまう「人物写真」のお話です。


旅先こそ「人物写真」

被写体探しに夢中になって、いざ振り返ってみると人物の写真(特に自分の写真)が全然無い! 「もっと撮影すればよかったなぁ。」と後悔したことのある人は少なくないでしょう。

観光名所を綺麗に撮影すること、食事を美味しそうに撮影することももちろん大切ですが、一番大切なのは「人物写真」。観光名所はガイドブックや雑誌にも綺麗な写真が沢山ありますが、その時一緒に旅行をした家族や友達、あなたの写真はその瞬間にしか撮影できない特別なものですよね。

集合写真+α

「人物写真」と一言で言っても、集合写真やセルフィーだけというのも勿体ない! 何気ない瞬間の人物写真こそ、その時の空気感をよく写し、後で振り返ったときにより思い出深い写真になりますよ。

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

観光名所をバッチリおさえた後は、こんな風に夢中で写真を撮っている友人を撮るのも面白いですね。

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

風景と人物、どちらにピントを合わせるかで印象も大きく違ってきますので、色々なパターンを試してみてください。

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

食べ物だけを写した写真を多く見ますが、こんな風に一緒にいる相手がわかるような写真も残しておくと、その時の情景を思い出しやすくなるのでオススメです。


風景を撮り終えたらカメラをしまってしまうのではなく、そのまま一緒にいる相手を撮影してみてくださいね。また、相手にも自分を撮影してもらうことで、新たな一面が見えるかもしれません。

こっそり撮り溜めた写真でアルバムやフォトブックを作り、プレゼントをするのもいいでしょう。「自分の思い出」から「みんなの思い出」へ。是非、試してみてください。


[All photos by Shutterstock.com]


[寄稿者:maaya]
[フォト総研]

Maaya

Maaya
日本大学芸術学部で写真学科を専攻後、旅写真に魅了される。気ままにに海外を放浪しながら写真を撮るフリーランス。この世界には色々なことがあるけれど、それでもとても美しい一瞬がある。まだ知らない世界を見てそんな一瞬一瞬に出会う旅をしたい。第2回世界旅写真展入選。

,,,, | 豆知識


豆知識関連リンク

クリスマスツリーのオーナメントが気になる クリスマスツリーのオーナメントが気になる
221744-02 221744-02
221917‐04 221917‐04
220660-01 220660-01
秋田犬 秋田犬
222507-01 222507-01
雪虫 雪虫
219746-02 219746-02
220557-03 220557-03
うがい うがい
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#フォト総研 #人物写真 #思い出 #旅先 #風景写真



豆知識