> > > タイの世界遺産、スコータイ遺跡で微笑む仏像に会いにいこう

タイの世界遺産、スコータイ遺跡で微笑む仏像に会いにいこう

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

美形の仏像たち

タイの世界遺産、スコータイ遺跡で微笑む仏像に会いにいこう

スコータイ時代の仏像は独特のスタイルから「スコータイ様式」と呼ばれています。頭頂部の光輪、小さくカールした髪、弓形の眉、細長い鼻、優しく微笑んだ表情、スリムな体型などがその特徴。

スコータイは、優美な印象を与える洗練された「美形」の仏像ぞろいといえます。それぞれの遺跡を回るときにはタイの他の街や日本の仏像との違いを意識してみるとスコータイ観光がもっと楽しくなるはずです。

ワット・マハタート

タイの世界遺産、スコータイ遺跡で微笑む仏像に会いにいこう

城壁内のほぼ中央にある、スコータイで最も重要とされる王室寺院の遺跡。クメール王朝の影響を残しつつ、スリランカ様式を取り入れた仏塔が点在しており、二列に並んだ柱の奥には巨大な座仏が安置されています。仏塔の数は185にも及び、スコータイで最も規模の大きい見ごたえある遺跡です。

タイの世界遺産、スコータイ遺跡で微笑む仏像に会いにいこう

| 世界遺産,アジア,タイ


アジアのタイ関連リンク

タイ・ピピ島 タイ・ピピ島
タイ・ワットアルン タイ・ワットアルン
2gether 2gether
ピピ島 ピピ島
マッサマンカレー マッサマンカレー





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#仏像



世界遺産 アジア タイ