TABIZINE > ヨーロッパ > ドイツ > 【湖上の宝石】北ドイツの名城シュヴェリーン城で絵画の世界に迷い込む

【湖上の宝石】北ドイツの名城シュヴェリーン城で絵画の世界に迷い込む

Posted by: 春奈
掲載日: Aug 15th, 2017. 更新日: Aug 18th, 2017
2人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

「湖上の宝石」とも呼ばれる、北ドイツきっての名城・シュヴェリーン城。フランスのシャンボール城を思わせる華麗なる外観は、他のドイツの城とはひと味違った独特の美しさをたたえています。

湖に浮かぶ優美なその姿を見れば、一瞬にしてメルヘンの世界へと引き込まれるはず。


北のフィレンツェ、シュヴェリーン

「湖上の宝石」、北ドイツの華麗なる名城・シュヴェリーン城で絵画の世界に迷い込む

北ドイツ・メクレンブルク=フォアポンメルン州の古都シュヴェリーン。人口10万人弱のドイツで最も小さな州都ですが、その存在感は決して小さくありません。

「北のフィレンツェ」、「7つの湖の街」、「大聖堂の街」、「居城都市」といった数々の異名をとるシュヴェリーンは、湖水地方ならではの美しい自然に抱かれ、豊かな歴史と文化を育んできました。

こぢんまりとした街ながら、中世の大聖堂や大聖堂を中心に広がる旧市街、17世紀のオランダ・フランドル絵画コレクションで知られる州立博物館など、見どころは多彩です。

湖上の宝石、シュヴェリーン城

「湖上の宝石」、北ドイツの華麗なる名城・シュヴェリーン城で絵画の世界に迷い込む

シュヴェリーンを語るうえで欠かせないのが、北ドイツきっての名城といわれるシュヴェリーン城。シュヴェリーン湖に浮かぶ島の上にたたずむ姿は優雅そのもので、その美しさから「湖上の宝石」ともたたえられています。

シュヴェリーン城の歴史は、973年にスラブ人が城を建てたことにさかのぼります。もともとは戦略的な位置を利用した防衛目的の城でしたが、その後の増改築によって、華麗な宮殿へと生まれ変わりました。

春奈

Haruna ライター
和歌山出身、上智大学外国語学部英語学科卒。2度の会社員経験を経て、現在はフリーランスのライター・コラムニスト・広報として活動中。旅をこよなく愛し、アジア・ヨーロッパを中心に渡航歴は約60ヵ国。特に「旧市街」や「歴史地区」とよばれる古い街並みに目がない。半年間のアジア横断旅行と2年半のドイツ在住経験あり。現在はドイツ人夫とともに瀬戸内の島在住。


| 絶景,ヨーロッパ,ドイツ


ヨーロッパのドイツ関連リンク

レーゲンスブルクの街並み夕暮れ レーゲンスブルクの街並み夕暮れ
ボートツアー ボートツアー


ヴェルテンブルク修道院2 ヴェルテンブルク修道院2


ベルリンの新空港「ブランデンブルク国際空港」 ベルリンの新空港「ブランデンブルク国際空港」
ミュンヘンの再開発エリア「ヴェルクスフィアテル-ミッテ」 ミュンヘンの再開発エリア「ヴェルクスフィアテル-ミッテ」
ミュンヘン郊外のビール醸造所「アインガー」 ミュンヘン郊外のビール醸造所「アインガー」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

絶景 ヨーロッパ ドイツ