> > > > 【バルト海の真珠】世界遺産のラトビアの首都「リガ」に行くべき6つの理由

【バルト海の真珠】世界遺産のラトビアの首都「リガ」に行くべき6つの理由

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ハイセンスなラトビア雑貨

「バルト海の真珠」、世界遺産のラトビアの首都・リガに行くべき6つの理由
(C) Haruna Akamatsu

バルト三国を旅すると、自然豊かな北国らしい、手作りのぬくもりあふれる雑貨の数々に出会えます。しかも、バルト三国でもっともおしゃれなお店が揃うリガなら、伝統的なモチーフや素材をモダンにアレンジしたハイセンスな雑貨が手に入るのです。

「バルト海の真珠」、世界遺産のラトビアの首都・リガに行くべき6つの理由
(C) Haruna Akamatsu

リガの旧市街には、昔ながらの土産物屋とは一線を画したこだわりのショップが点在しています。世界遺産の歴史地区で、おしゃれ雑貨ハンティング。これもリガの醍醐味です。

歴史的建造物を改装したおしゃれカフェ

「バルト海の真珠」、世界遺産のラトビアの首都・リガに行くべき6つの理由
(C) Haruna Akamatsu

リガにはレトロな老舗カフェから、トレンドのスペシャリティーコーヒーショップまで、多彩な顔ぶれのカフェがそろっています。特に注目したいのが、歴史的建造物を改装したおしゃれカフェ。

「バルト海の真珠」、世界遺産のラトビアの首都・リガに行くべき6つの理由
(C) Haruna Akamatsu

旧市街にある隠れ家的なおすすめカフェが「パルナースィム(Parunāsim)」。聖ヤコブ教会の建物の一部を改装してオープンしたカフェで、「旧市街でもっともロマンティックなカフェ」を称しているだけあって、店内はムード満点。歴史的建造物ならではのクラシカルな雰囲気と、現代のヒップな雰囲気が見事に融合しています。

手作りのケーキもおいしく、ゆっくりとティータイムを楽しみたいときにぴったりです。

「バルト海の真珠」、世界遺産のラトビアの首都・リガに行くべき6つの理由

ひとことでは言い表せない、さまざまな魅力をあわせもった世界遺産の街・リガ。簡単にはその全容がつかめない気がするからこそ、もっと惹かれてしまうのです。

「Parunāsim」
住所:Maza Pils iela 4, Riga
https://www.facebook.com/parunasim/

[Photos be shutterstock.com]

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


,,,,, | 絶景,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,ヨーロッパその他,現地ルポ/ブログ


ヨーロッパその他の現地ルポ/ブログ関連リンク







アンティーブ「ピカソ美術館」 アンティーブ「ピカソ美術館」

ロシア・ジョージア友好のモニュメント ロシア・ジョージア友好のモニュメント

1 2 3 NEXT