TABIZINE > ヨーロッパ > フランス > 【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選

【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

エギスハイム

【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選

エギスハイムも「フランスの最も美しい村」のひとつ。花々に彩られた美しい街並みで知られるアルザスのなかでも、とりわけ花いっぱいの楽園のような風景が広がっています。その実力は、2006年に「ヨーロッパ花の町コンクール」で金賞を受賞したほど。

【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選

エギスハイム城を中心に、同心円状に連なる木組みの家々を眺めながら歩いていると、ここに暮らす人々の丁寧で、心豊かな生活ぶりが伝わってきます。

エギスハイムは、アルザスワイン発祥の地としても有名。世界的にも高く評価されているアルザスワインは、4世紀にローマ人がここにブドウの苗を植えたことからはじまりました。小さな村でありながら、40軒ほどのワイナリーがあるエギスハイムで、お気に入りのアルザスワインを探してみては。

ユナヴィル

【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選
(C) Haruna Akamatsu

やはり「フランスの最も美しい村」のひとつが、ユナヴィル。7世紀ごろ、村の貧しい人々のために尽くしたユノンとユナにちなんで、この名前がつきました。

ユナヴィルはリクヴィルよりも、エギスハイムよりも、ずっと静か。最もにぎわうはずの土曜日でさえ、観光客はちらほら見かける程度で、どこまでもゆったりとした平和な空気が流れています。

観光地化されきっていない、のどかなたたずまいに、おばあちゃんの家にやってきたような安らぎとなつかしさを覚えるはず。

【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選

村の代名詞的存在が、ブドウ畑の真ん中にひっそりとたたずむ要塞教会。ここから眺める村の景色は、心癒す優しい風景です。

【フランス】何度でも行きたくなる絵本の世界、アルザス地方で訪れたい街6選

「ヨーロッパの首都」から、人口数百人の小さな村まで、多彩な顔ぶれの美しい街をかかえるアルザス地方。素朴で、可愛らしくて、あたたかい、また帰ってきたくなる風景が待っています。

[Photos by shutterstock.com]

春奈

Haruna ライター
和歌山出身、上智大学外国語学部英語学科卒。2度の会社員経験を経て、現在はフリーランスのライター・コラムニスト・広報として活動中。旅をこよなく愛し、アジア・ヨーロッパを中心に渡航歴は約60ヵ国。特に「旧市街」や「歴史地区」とよばれる古い街並みに目がない。半年間のアジア横断旅行と2年半のドイツ在住経験あり。現在はドイツ人夫とともに瀬戸内の島在住。


,,,,,,, | 絶景,ヨーロッパ,フランス


ヨーロッパのフランス関連リンク

フランス・パリ フランス・パリ
ツール・ド・フランス3 ツール・ド・フランス3
ジェルブレのチョコレートクッキー ジェルブレのチョコレートクッキー
フランス・ストラスブール フランス・ストラスブール
魔女のイメージ 魔女のイメージ
非接触決済 非接触決済


ブション ブション

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

novicelogo

絶景 ヨーロッパ フランス