> > 【今日のアドベントカレンダー】12月15日「コーヒーと紅茶の時間感覚」

【今日のアドベントカレンダー】12月15日「コーヒーと紅茶の時間感覚」

ライター: 山口彩
掲載日: Dec 15th, 2017.


12月15日。今日もまた、アドベントカレンダーの窓を、ひとつひとつ開けていくことにしましょう。


12月15日のアドベントカレンダー


グリムのお菓子の家は、糸を紡ぐ女の子。「いばら姫」でしょうか。窓の外ではりすが様子をうかがい、7人の小人たちが歩いています。


チョコレートは、「リンツテディフレンズ」。赤いパジャマらしき扮装のテディは再登場になります。


オーガニックティーは「ベリーセイボリーパイ」。ルイボスティーに、林檎、ラズベリー、ブルーベリー、クランベリー、シナモンなど。


さあ、お茶の時間です。初登場の「ベリーセイボリーパイ」は、ベリーづくしのブレンドにすごく期待していたのですが、体調と合わなかったのか、ルイボスティーとベリーの組み合わせがいまいち個人的に馴染めませんでした。残念。テディのチョコでお口直し。

コーヒーと紅茶の時間感覚


コーヒーも紅茶も好きです。

でも、このふたつの飲みものは、飲んでいるとき流れる時間の感覚が少し違うように感じます。

コーヒーは、ビジネスモード。仕事のおともにもよいし、忙しいときにささっと飲むのもさまになる感じ。イメージとしては、覚醒です。

紅茶は、リラックスモード。仕事の合間にちょっとひと休み、休日のブランチとともに、といった感じ。イメージとしては、優雅。

人によってもその感覚は違うのだと思うのですが、同じカフェインの入った飲み物なのに面白いなあと思います。

人との相性もそういうことがあるかも。仕事の相性がいい人、遊びの相性がいい人。刺激をくれる人も、ゆるめてくれる人も、どちらも大切ですね。

ところで、どちらの相性もいい人は、どんな飲みものになるのでしょうか。カフェオレ?(笑)

それではまた明日。今日も一日、心が自由でありますように。


【今日のアドベントカレンダー】
12月1日から24日まで、毎日アドベントカレンダーの中身を紹介していく連載です。アドベントカレンダーを毎日楽しむ中で感じたこと、考えたことをつづっていきます。

紹介しているアドベントカレンダー
[クリスマス リンツテディ アドベントカレンダー 2017]
[イングリッシュティーショップ アドベントカレンダー]
[コルシュ社 組立式アドベントカレンダー グリムのお菓子の家]
[ジーピークリエイツ アドベントバスカレンダー]

[All Photos by Aya Yamaguchi]

山口彩

Aya Yamaguchi 編集長
インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。TABIZINE寄稿者から二代目編集長へ。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。いつか宇宙に行きたい。


,,,,,, | 現地レポート/ブログ,豆知識


現地レポート/ブログ関連リンク

SEPHORA SEPHORA
安座真船待合所売店 海蛇の粉 安座真船待合所売店 海蛇の粉
215009-05 215009-05
215009-06 215009-06
221579-04 221579-04
221641-04 221641-04
221899-02 221899-02
220126-02 220126-02
駁二芸術特区4 駁二芸術特区4
VILLAGE 11 FACTORY コスメ VILLAGE 11 FACTORY コスメ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

現地レポート/ブログ 豆知識