> > ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?

,,, | ランキング

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?

ライター: 石黒アツシ
更新日: Dec 18th, 2017

事実っておもしろい!どれも本当の話なんです。

カナダのバンクーバーをベースとする「VIVA LIFESTYLE & TRAVEL」がまとめたのが、「ホテルから盗まれた変なもの」。すべて実際にあったストーリーです。

それでは、盗まれたものをホテル名と共に、持ち出すとき重さが軽そうなほうからランキング。そして、最後にはホテルから持って帰ってもOKなものをリストしたので、念のため確認してくださいね。

※画像はすべてイメージです。

【第9位】部屋のナンバープレート|フランクリンホテル(ロンドン)

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?
ホテルの廊下でこれをドアからはずすとは、かなり手際が良かったはず。そういえば、日本ではちょっと前まで、受験生が他の家の表札を4枚盗むと「四軒盗る」で「試験通る」になるということで合格する、という迷信があり社会問題になっていました。

【第8位】生花|シェラトン パーク タワー (ロンドン)

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?
このホテルでは、毎週新しい花が生けられることになっているそうですが、一年を通して盗まれるそうです。盗むのはどうもいつも違う人のよう。映画のなかで、男性が女性の部屋を訪れる時に、ロビーの花を拝借するといったシーンが昔からありますよね。その影響でしょうか。

【第7位】アンディ・ウォーホルの絵|W Hotel (香港)

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?
3000万円以上はする、あの現代アートの巨匠アンディ・ウォーホルの作品が盗まれたのは香港のブティックホテル。おしゃれで先端のデザインが魅力的なホテルに、ウォーホルのポップな作品はぴったりだったのでしょうが、そのお値段はなかなかです。

【第6位】中世の刀と木彫りの熊|ホテル不詳(イギリス)

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?
イギリスの古いホテルのインテリアには、中世から伝わる刀などが展示されていることが多いのですが、こちらはびっくり。刀の隣に飾られていた、高さ120㎝以上の木彫りの熊も一緒に盗まれました。たぶん、一人では持ち上がらないと思われます。

【第5位】シャンデリア|シャングリラ(香港)

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?
香港の老舗ホテルの天井から抜き取られた大きなシャンデリア。いったいどうやって持ち出したんでしょう。シャンデリアが似合うようなうちに住んでいるのなら、自分で買えそうな気がします。転売目的かもしれないですね。

【第4位】カーテンと鏡|トラベロッジ(イギリス)

ビックリ!ホテルで盗まれた変なもの。持ち帰りOKなのは何?
カーテンと鏡は、誰の自宅にもある必需品。それをホテルから盗むとは、なにか金銭的な事情があったに違いありません。ホテルの鏡、大きさはいろいろありますが第4位です。

この先、更に重さを増していきますよ!

,,, | ランキング