> > > > 運気アップも期待できる!千葉・一宮町を訪れたら外せない人気観光スポット5選

運気アップも期待できる!千葉・一宮町を訪れたら外せない人気観光スポット5選

Posted by: あやみ
掲載日: Aug 26th, 2019.

千葉・一宮町と言えば「海」と「サーフィン」のイメージがありますよね。しかし、近年は観光スポットとしても人気が高まりつつあるんです。上総国の一ノ宮である「玉前神社」をはじめ、行列のできるかき氷とおでんのお店「赤七屋」、オープンしたばかりの雑貨店など盛りだくさん! そこで今回は、一宮町を訪れたら外せない人気観光スポットをご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


商売繁盛や縁結びのご利益も! パワーみなぎる「玉前神社」

JR「上総一ノ宮」駅から徒歩10分の場所にある「玉前神社」は、関東屈指のパワースポットとして有名です。縁結びや子授け、子育て、開運のほか、商売繁盛のご利益もあるとのこと。鳥居からして、パワー溢れる神社ですよね。

一の鳥居と二の鳥居の間には、ご神水も。授与所でペットボトル(100円)を購入すれば、お水を持ち帰ることもできます。このご神水は鉄分たっぷりなのだとか。


社殿は黒漆塗りの権現造りでインパクト大! 初めて見る迫力満点な社殿にしばし見とれてしまいました。

境内には裸足になって時計回りに3周まわると「願いが叶う」と言われている「はだしの道」もあります。裸足になって歩いてみましたが、たびたび小石が足の裏に食い込んできて、結構痛かったです。ツボ押し効果もあり、健康運もアップするかも!? (笑)。

そのほかにも、国家「君が代」の歌詞に登場する「さざれ石」や「子宝・子授けイチョウ」もあり、とてもパワフルな神社です。

お守りの種類も豊富。人生の荒波に乗れる「波乗守」や真珠が入っていて霊力が宿っているとされる「御珠守」、女性の心身の健康を守ってくれる「月日守」などがあります。

筆者は「月日守」を授かり、毎日、バッグに入れて持ち歩いています。

出雲大社などパワースポットを結ぶレイライン(御来光の道)の東の起点だと言われている玉前神社。パワーを高めたいのなら、絶対に訪れたい神社でしょう。

玉前神社
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3048
電話番号:0475-42-2711
HP:https://tamasaki.org/

かき氷と静岡おでんが食べられる、行列のできる人気店「赤七屋」

玉前神社のすぐ目の前にあるのは、古い土蔵の外観が印象的な行列のできる人気店「赤七屋」です。平日にも関わらず、外には入店を待つ人の姿も。

扉に貼られた張り紙を見ると、かき氷専門店としての営業は2019年5月で終了したとのこと。しかし、かき氷の提供は続けているようです。また、静岡おでんやおむすびを味わうこともできるそう。

静岡県出身の筆者は「一宮に静岡おでんが食べられるお店があるなんて!」と、感動しました(笑)。玉前神社を参拝した後、こちらでおでんとかき氷を一緒に味わうのもいいかもしれませんね。熱いものと冷たいものを交互に食べるのもなかなか良いものです。次回、こちらのお店を訪れたら、関東ではなかなか見かけない黒はんぺんのおでんが食べたいです・・・。

赤七屋
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3030
営業時間:10:00~18:00(LO 17:30 不定休)
HP:http://www.akashichiya.com/

オープンしたばかり! キュートな雑貨がいっぱいの「たまふく」

「赤七屋」からほど近い場所にあるのがオープンしたばかりの雑貨店「たまふく」です。薬局だったお店をリノベーションして、雑貨店をオープンしたのだそう。店内には、キュートな器やアメリカの西海岸を彷彿させる雑貨、ヴィンテージ小物などが並んでいます。

中でも目を引いたのは、カラフルなバンダナ。90年代のヴィンテージバンダナなのだそうで、最近ではあまり見かけないデザインのものがいっぱいありました。 頭に巻くこともできる大きさで、使い勝手も良いです。

こちらは筆者が購入したバンダナ。どことなく90年代を感じさせるデザインですよね。現在はまだ改装中ですが、カフェもオープン予定とのこと。お茶を楽しみながら、キュートな雑貨をチェックしたいですね。

たまふく
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3068
電話番号:090-3522-9280
HP:https://tamafukuichinomiya.wixsite.com/2019

みかんが丸ごと入った「大福」が有名な「角八本店」

「たまふく」の道路を挟んだ向かいにあるのが「角八本店」です。千葉の名産物「ピーナッツ」を使ったお菓子や一之宮饅頭、九十九里煎餅といったご当地お菓子、お赤飯などを購入できます。

みかんが丸ごと入ったジューシーな「みかん大福」で有名なお店ですが「あんずチーズ大福」や「落花生くりーむ大福」など、ユニークな大福も。その他にも旬のフルーツを使った大福があり、シーズンによって大福のラインナップが変わるようです。

こちらで大福を購入して、食べ歩くのも楽しそうですね。お土産にピッタリなお菓子も揃っていますよ。

御菓子司 角八本店
住所:千葉県長生郡一宮町一宮3012
電話番号:0475-42-2068
営業時間:7:00~18:00
定休日:毎週木曜日
HP:http://www.kadohachi.co.jp/

ぶらりと海岸沿いを散歩できる「九十九里浜」


九十九里浜に出る前の小道。

一宮町は外房の海に面した町です。「上総一ノ宮」駅からは少し歩きますが、タクシーを使えば5分程度で九十九里浜に行けます。ぶらりと海岸沿いを散歩すると、海の浄化効果もあってか、心身ともに気持ちが良いです。暑さがおさまってくる、この先の季節なら、ゆっくりと海岸線を歩くことができますよ。お弁当を持参して、海を眺めながら食べるのもいいかもしれませんね。人もまばらでのんびりと過ごせます。

番外編:カフェが多い

九十九里ビーチライン沿いには、カフェがたくさんあります。町散策に疲れたら、カフェで一息入れるのもいいでしょう。海に行った帰りに、ランチやディナーを楽しむのもありです。

千葉・一宮町は歩けば歩くほど、ユニークなお店に出会える町歩きが楽しい町でした。東京から特急電車で約1時間で行けますので、日帰り旅行先としても最適ですよ。

[All photos by あやみ]

あやみ

Ayami ライター
都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、フリーランスになる。辛い食べ物、東南アジアが大好き。旅するように生きるのが人生の目標。


| 観光,関東,千葉県,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


千葉県のグルメ関連リンク






ホテルニューオータニ幕張SATSUKIデリシャスビュッフェ~和栗とシャインマスカット~ ホテルニューオータニ幕張SATSUKIデリシャスビュッフェ~和栗とシャインマスカット~
ベーカリーペニーレイン ベーカリーペニーレイン
ホテル日航成田「パティシエおすすめケーキ」 ホテル日航成田「パティシエおすすめケーキ」


1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

観光 関東 千葉県 グルメ 現地ルポ/ブログ 観光