> > > 日本の皇室<天皇家>は世界最長の歴史を誇る王室って本当?【日本の不思議】

,,,,,,, | 日本の不思議,特集,豆知識

日本の皇室<天皇家>は世界最長の歴史を誇る王室って本当?【日本の不思議】

Oct 19th, 2017

日本と海外の文化ギャップは、TABIZINEでも長く人気を誇るテーマ。そのギャップを楽しめるのは、日本という国の独特の文化や風土あってこそです。そこで今回は、日本発祥の世界で愛されるもの、実は日本が世界一という意外なトピック、日本独特の興味深い文化などなど、知られざる日本の面白い部分を「日本の不思議」と題し特集したいと思います!

先日、眞子さまのご婚約内定のニュースで日本中が盛り上がりましたね。この記事を執筆する直前に見た英語圏のニュースでは、英国のジョージ王子が小学校に初登校するという報道でにぎわっていました。

TABIZINEの過去記事「タイ旅行者は要チェック。国王ご崩御で気をつけたい旅の言動3つ」においては、プミポン・アドゥンヤデート・タイ国王が崩御し、喪に服しているタイの国民に対して、旅行者として注意したい言動を取り上げました。やはり王室のある国に暮らす人々は、自国の王家に関する出来事に極めて関心が高いと分かります。

世界に28ある王室で日本の天皇家は最長の歴史を誇るって知ってた?【日本の不思議】
さて、この王家のある国、世界にいくつあるかご存じでしょうか? 英国、ブータンなどいくつかはすぐに思い浮かぶかと思いますが、米ワシントンポストの電子版によると、世界には26か国存在するそう。選挙で王様を選ぶマレーシアとバチカン市国を含めると、28か国になるのだとか。

英国の王様(女王様)を形式上、国家元首と考える英連邦王国の16か国を加えると全44か国になりますが、こうした現存する王室の中で、最も歴史が長い王家はどこなのでしょう?

なんとなく、英国などのヨーロッパや中東の王室のような気もしてきますが、実は日本の天皇家なのです。

 

神武天皇を認めるなら紀元前660年から125代続く天皇家が最長!?

世界に28ある王室で日本の天皇家は最長の歴史を誇るって知ってた?【日本の不思議】
今は平成の世の中。天皇陛下の生前退位が議論されていますが、第124代の昭和天皇の第1皇男子である今上天皇は、宮内庁のホームページによると第125代にあたると言います。125代とは、紀元前660年に初代天皇に即位したとされる、神武天皇が実在したと仮定した場合の数字ですね。

もちろん『古事記』と『日本書紀』に書かれた神武天皇に関しては、現代人の視点で見ると「非現実的」な逸話も多く、史料としては認められないという意見もあります。GHQの影響もあって、戦後は特に『古事記』や『日本書紀』の信ぴょう性を否定する人も目立つようになったと言います。

ただ、もし『日本書紀』の神武天皇が実在したとすれば、日本の天皇家は男系継承で125代、2600年以上も続いてきた計算になるのです。この数字は、現在続く王室の中で、世界で最長だと言われています。

 

坂本正敬

,,,,,,, | 日本の不思議,特集,豆知識


気になる国の記事を検索!