> > > > 雨にまつわる絶景と、雨を楽しむ7つのコツ

雨にまつわる絶景と、雨を楽しむ7つのコツ

ライター: 山口彩
掲載日: Jun 12th, 2014. 更新日: Jan 19th, 2017



6月は梅雨の季節。雨の日はどうしても気分が沈みがちですが、少し視点を変えてみると、雨ならではの美しい風景に出会うこともできます。

雨の日が楽しみになるような世界のささやかな絶景と、雨を楽しむちょっとしたコツをご紹介します。


その1 お気に入りの傘を手に入れる






空いっぱいに並べられた傘の群れ。ポルトガル・アゲダの街では夏になると、街中に色とりどりの傘が飾られ、訪れた観光客の目を楽しませてくれます。この「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」は2012年から始まったイベントだそう。お気に入りの傘だけでなく、レインコートや長靴まで手に入れれば、雨の日が待ち遠しくなりそうですね。

その2 雨にぬれる街を眺める




雨にぬれるパリの街。水鏡のように夜景を映す道の様子は、雨の日ならではの情緒です。傘をさしてうつむきがちに歩いていると、見逃してしまう風景も。街だけでなく、雨にぬれる神社やお寺も、独特の風情がありますよ。

その3 いつもより青い花を楽しむ




雨の日は青がより青く見えるって、知っていましたか? プルキンエ現象といって、暗くなるにつれ、青はより明るく鮮やかに目に映るのだそうです。紫陽花、菖蒲、露草・・・この季節の日本には美しい青がいっぱい。雨を楽しめるようにという、自然からの贈り物なのかもしれませんね。

その4 雨上がりの緑を散策する




タイで一番高い山、ドイ・インタノン周辺の自然遊歩道。雨の恵みを受けた森は、緑も空気も一層潤いをまし、輝いて見えます。雨上がりの森の香りは格別。いつもとはまた違う癒しがありそうです。

その5 稲妻を眺める




アフリカの大地に落ちる稲妻。雨はときに、激しい稲妻を連れてきます。打たれる恐怖はもちろんありますが、空を走り、切り裂く電光は、ハッとするほど美しく、自然の脅威と迫力を感じます。

その6 虹を探す




アメリカ・モニュメントバレーにかかる虹。雨上がりに太陽が顔を出すと、つい虹を探してしまいます。「雨が降るからこそ虹が出る」、それはしばしば人生の教訓にもたとえられますが、何度目にしても色あせず心が晴れるのが、虹の不思議なパワーです。


その7 フォーを食べる




独断と偏見かもしれませんが、雨の日はフォーがおいしい。雨の多い国ベトナムで生まれた食べ物だからでしょうか。ハーブやライムを添えたフォーを食べながら外の雨を眺めていると、不思議と満ち足りた気持ちになるのです。

[All Photos by shutterstock.com]

山口彩

Aya Yamaguchi 編集長
インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。TABIZINE寄稿者から二代目編集長へ。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。いつか宇宙に行きたい。


,,, | アジア,アフリカ,アメリカ,グルメ,グルメ,グルメ,グルメ,グルメ,タイ,ベトナム,ポルトガル,ヨーロッパ,北アメリカ,絶景,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識


アメリカのグルメ関連リンク

銀座おのでら ニューヨーク店 銀座おのでら ニューヨーク店
アメリカ 猫カフェの猫 アメリカ 猫カフェの猫
211369-04 211369-04
211797-07 211797-07
【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い? 【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い?
ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅 ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】日本から持って行くべきもの・不要なもの 【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】日本から持って行くべきもの・不要なもの
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT