> > 【インタビュー】『美女と野獣』に秘めた想い/監督・脚本クリストフ・ガンズ

【インタビュー】『美女と野獣』に秘めた想い/監督・脚本クリストフ・ガンズ

Posted by: 山口彩
掲載日: Oct 24th, 2014. 更新日: Oct 21st, 2015
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【TABIZINEインタビューVol.10 クリストフ・ガンズ氏】

【インタビュー】『美女と野獣』に隠された深いテーマとは?/監督・脚本クリストフ・ガンズ氏

250年以上も前にフランスで生まれたおとぎ話、『美女と野獣』。今回その実写化に挑んだのは、映画『サイレントヒル』など幻想的な映像美で評価されるクリストフ・ガンズ監督だ。王子にかけられた呪いの理由やベルの家族の性格など、今まで触れられることのなかったエピソードも、原作から丁寧に抽出している。さらに、従来の西洋的価値観に一石を投じるとも言える、本作に描かれた自然観や心理描写・・・。『美女と野獣』は、こんなにも深い物語だったのかと驚きを隠せない。そこに込められた監督の想いについて語っていただいた。

【インタビュー】『美女と野獣』に隠された深いテーマとは?/監督・脚本クリストフ・ガンズ氏

| インタビュー


インタビュー関連リンク

沖縄西表島 沖縄西表島






旅の本屋のまど 旅の本屋のまど
函館蔦屋書店 旅 コンシェルジュ 函館蔦屋書店 旅 コンシェルジュ
トラベラーズファクトリー トラベラーズファクトリー
1 2 3 4 5 6 7 NEXT

#美女と野獣



インタビュー