> > > > 【美し過ぎる世界遺産】古代人が愛した「パムッカレ」で足湯がしたい!

【美し過ぎる世界遺産】古代人が愛した「パムッカレ」で足湯がしたい!

ライター: 時空の旅人
掲載日: Dec 31st, 2014.

こんにちは、時空の旅人です。TABIZINEの時間を遡り、今までのヒット記事巡る旅をしています。今回は2013年11月18日に紹介された、トルコのパムッカレをお伝えします。

美しすぎる世界遺産とは、まさにこのこと!


石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産「パムッカレ」


世界遺産 ヒエラポリス パムッカレ(Hierapolis-Pamukkale)


トルコ南西部の町デニズリからバスに乗って辿りつくことのできる世界遺産。
一瞬、雪景色にも見える壮大な面積の石灰棚の名はパムッカレ。「綿の城」もしくは「綿の宮殿」と訳されます。かつては綿の産地であったことがその名前の由来です。

石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産「パムッカレ」

パムッカレの魅力は?


石灰を含んだお湯が下の平地に流れ落ちる過程でできたといわれるこの石灰棚が美しいのは、その表面にたまる温水が、空の色を映し出すから。
朝焼けの色、青空、曇った空、夕焼け、夜の月色。あらゆる自然の変化を、この石灰棚はただひたすら寡黙に映し続けます。

石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産「パムッカレ」

石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産パムッカレ

ヒエラポリスの残骸


石灰棚の上には、かつて栄えた古代都市ヒエラポリスがあります。古代の人々は、パムッカレに親しんで暮らしていたのです。

石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産パムッカレ

石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産パムッカレ
[dinosmichail / Shutterstock.com]

かつての古代人が浸った温水に、足を浸す


景観保護のために、もはや泳ぐことはできなくなってしまったそうですが、一部、素足を浸すことのできる場所があるそうです。世界遺産でちょっとした水遊びができるのはとても珍しいことではないでしょうか。

石灰棚の温水に裸足を浸してみたい!トルコの世界遺産パムッカレ

古代から続く光景というのは、不思議なことに、いつの時代に見ても、新鮮さを与えてくれます。


執筆者:石原亜香利
[All photo by shutterstock.com]
[allabout]

時空の旅人

jikuunotabibito
こんにちは、時空の旅人デス。TABIZINEの時間を遡り、今までのヒット記事巡る旅をしています。過去の人気記事を巡って、改めて紹介していきますよ!

,, | トルコ,ヨーロッパ,世界遺産,絶景,観光,観光


トルコの観光関連リンク

220126-02 220126-02
219423-03 219423-03
220925-06 220925-06
ジャーロール・ハマム ジャーロール・ハマム
218149-04 218149-04
「イスタンブール空港」 「イスタンブール空港」
旅漫画「バカンスケッチ」【14】日本人には見えてしまうもの 旅漫画「バカンスケッチ」【14】日本人には見えてしまうもの
211587-06 211587-06
イスタンブールのグランド・バザールに残るシルクロードの面影 イスタンブールのグランド・バザールに残るシルクロードの面影
週末が狙い目!イスタンブールの景勝地オルタキョイの魅力 週末が狙い目!イスタンブールの景勝地オルタキョイの魅力
1 2 3 4 NEXT

#パムッカレ #石灰棚 #足湯



トルコ ヨーロッパ 世界遺産 絶景 観光 観光