> > > > 【奥秩父の冬の風物詩】幻想的な三十槌の氷柱を見て真冬の美を堪能

【奥秩父の冬の風物詩】幻想的な三十槌の氷柱を見て真冬の美を堪能

Posted by: あやみ
掲載日: Jan 29th, 2015. 更新日: Jun 16th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


(C) 三十槌の氷柱公式facebook

東京から日帰りで遊びに行ける奥秩父には、寒い冬ならではの風物詩があります。それは自然がつくる荘厳なアート。天然の氷柱がまるでカーテンのようにできているのです。川のせせらぎを聴きながら、天然の大氷柱を目にすると、自然の雄大さを感じると同時に、心が癒されていくのを感じます。


知る人ぞ知る奥秩父の「三十槌の氷柱」


(C) Wood Roof Oku-Chichibu Auto Camp Ground公式HP

この氷柱は「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」と言い、ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の直下にある荒川の河川敷で見ることができます。夜などで足元がおぼつかない場合、ウッドルーフの駐車場に設置された氷柱見台(ウッドデッキ)から見ることも可能。


(C) 三十槌の氷柱公式facebook


(C) 三十槌の氷柱公式facebook

氷柱の見学は2015年1月3日(土)から3月1日(日)までですが、1月17日(土)から2月15日(日)は夜間ライトアップされています。青、白、赤のライトアップによる、この時期にしか見れない氷のアートを心ゆくまで堪能できますよ。また、赤と白が重なりピンク、赤と青が重なりパープルになるなど、予想外のカラーのライトアップを偶然見ることができるかもしれません。

氷柱を見て冷えた体にうれしいホッと温まるサービス


(C) 三十槌の氷柱公式facebook

オートキャンプ場ではたき火も焚かれています。併設のカフェウッドルーフでは、あったかいコーヒーや甘酒を飲むことができ、小腹が空いたのなら、あつあつのみそポテトも。気分は幻想的な真冬のキャンプ。夏のキャンプとは一味違う景観を楽しめます。


(C) Wood Roof Oku-Chichibu Auto Camp Ground公式HP

天然氷柱の上流には、幅55m、高さ25mの大迫力の人口の氷柱も。

「三十槌の氷柱」へ行く交通手段は?


(C) 三十槌の氷柱公式facebook

さて、奥秩父にある「三十槌の氷柱」へどのように行けばいいのか、調べたところ、池袋駅から西武鉄道の特急レッドアローに乗車し、西武秩父駅で下車、そこから西武観光バス、急行山峯神社線の三峯神社行きに乗り、三十場停留所で下車するのが最短のルートのようです。停留所から10分ほど歩けば「三十槌の氷柱」に到着します。


(C) 三十槌の氷柱公式facebook

この冬、特別な体験がしたいと思うのなら、ぜひ訪れたいスポットです。

三十槌の氷柱 Wood Roof Oku-Chichibu Auto Camp Ground
住所:埼玉県秩父市大滝4066-2
TEL:0494-55-0500
期間:2015年1月3日〜3月1日(氷の状況により終了が早まる場合があります)
※ライトアップは1月17日〜2月15日
営業:8:00~17:00
※ライトアップ時は平日19:00、土日祝祭日21:00まで

あやみ

Ayami ライター
都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、フリーランスになる。辛い食べ物、東南アジアが大好き。旅するように生きるのが人生の目標。


| 観光,絶景,関東,埼玉県,観光


埼玉県の観光関連リンク


明治なるほどファクトリー坂戸「アポロ見学ライン」 明治なるほどファクトリー坂戸「アポロ見学ライン」
芋屋初代仙次郎仙次郎ソフト 芋屋初代仙次郎仙次郎ソフト
ムーミンバレーパーク4 ムーミンバレーパーク4
菓匠右門川越けんぴ工房直売店ソフトクリーム 菓匠右門川越けんぴ工房直売店ソフトクリーム

じゃらん行ってみたい工場見学ランキング2019「ANA機体工場見学 」 じゃらん行ってみたい工場見学ランキング2019「ANA機体工場見学 」
園内の花花 園内の花花


1 2 3 4 5 NEXT

#ライトアップ



観光 絶景 関東 埼玉県 観光