> > > 【保存版】足腰楽ちん&取り出し簡単な「バックパック」の詰め方

【保存版】足腰楽ちん&取り出し簡単な「バックパック」の詰め方

Posted by: 坂本正敬
掲載日: Apr 18th, 2015. 更新日: Jun 16th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【保存版】足腰楽ちん&取り出し簡単な「バックパック」の詰め方

温かくなってきたこの時期、週末に軽い登山に出掛けたり、ゴールデンウィークにどこか遠くに出掛ける予定を立てたりする人も少なくないはずです。

その際に大活躍するバックパック(ドイツ語でリュックサック)ですが、この身近過ぎるアイテムの上手な詰め方をご存知ですか?

正しく詰めると詰めないとでは、背負い心地も足腰の負担も全く変わってきます。そこで今回はバックパッカーのバイブルでもある世界的名著『Outdoor: Skills and Tips A Guide for the Modern Adventurer』(Thunder Bay Press)を参考に、バックパックの詰め方の基本をまとめました。


1:寝袋や防寒具など軽めでかさばる厚手の荷物は底に入れる

リュックサックの底には、寝袋や予備の防寒具、ラグなど、軽めで厚手のかさばる物を入れてください。

奇麗に収納できるだけでなく、バックパックの底がクッションのようになり、背中から地面に下ろしたときに内部の荷物が壊れずに済みます。

2:下から二番目には衣類やタオルなどを入れる

底に詰めた寝袋や防寒具の上には、着替えやタオルなどを入れてください。やや重めのズボンやバスタオルなどは背中側に、やや軽めのフリースなどは外側に入れると、バランスが取りやすくなります。

3:重たい荷物は下から三番目の背中側に入れる

食器や調理器具など重量のある荷物は、寝袋→衣類の上で、さらに背中に密着するように入れてください。特にショルダーベルトの縫い目の辺り、肩で荷物を支える部分に密着するように詰めるとバランスが取りやすくなります。

4:一番上には軽い荷物や壊れやすい道具を入れる

バックパック(リュックサック)の一番上には、最も軽い荷物、壊れ物を詰めてください。例えば、ちょっとした軽食やヘッドライト、着脱が簡単な上着などを入れておくと便利です。

5:水や手袋、救急道具などは左右のポケットに

小さなリュックサック(デイパック)の場合、側面にポケットが付いていないかもしれませんが、収納があるとすれば水や手袋、救急道具、トレッキングポールなど、何度も出し入れする道具を入れておいてください。

以上、バックパック(リュックサック)の上手な詰め方の基礎をまとめましたが、いかがでしたか?

荷物が少ないときでも、上述の詰め方を参考にすると綺麗にまとまるはずです。ぜひとも参考にしてみてくださいね。

[Outdoor: Skills and Tips A Guide for the Modern Adventurer – THUNDER BAY PRESS]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


,,,,, | 旅のハウツー,豆知識,ゴールデンウィーク


特集のゴールデンウィーク関連リンク

GW予定なし!そんな人はこっそり美活休暇してみない? GW予定なし!そんな人はこっそり美活休暇してみない?
忙しい人にオススメ!日帰りでも満喫できる箱根の温泉宿5選 忙しい人にオススメ!日帰りでも満喫できる箱根の温泉宿5選
日本人なら一度は見るべし!世界に誇る圧巻の光景、「鯉のぼり祭り」3選 日本人なら一度は見るべし!世界に誇る圧巻の光景、「鯉のぼり祭り」3選

【都内】プチ海外気分になれる!旅好きにおススメの個性派カフェ3選 【都内】プチ海外気分になれる!旅好きにおススメの個性派カフェ3選
日本人なら一度は見るべし!世界に誇る圧巻の光景、「鯉のぼり祭り」3選 日本人なら一度は見るべし!世界に誇る圧巻の光景、「鯉のぼり祭り」3選
巨大な雪の壁に息を呑む!春の立山黒部アルペンルート 巨大な雪の壁に息を呑む!春の立山黒部アルペンルート
【GW】究極の癒し系動物、もふもふのアルパカに和む「胸キュンスポット」 【GW】究極の癒し系動物、もふもふのアルパカに和む「胸キュンスポット」
GWの新たな過ごし方!「ファスティング休暇」で本格派ダイエット GWの新たな過ごし方!「ファスティング休暇」で本格派ダイエット
1

旅のハウツー 豆知識 ゴールデンウィーク