TABIZINE > 観光 > 絶景 > 空に手が届きそう!雲の上のホテルで夢心地の旅3選

空に手が届きそう!雲の上のホテルで夢心地の旅3選

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Jun 4th, 2015. 更新日: Jun 15th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

青い空、真っ白な雲。手を伸ばせば、空に手が届きそう。そんなホテルに泊まりたい。

今回は、雲の上にいるように幸せな気持ちになれる、そして実際に空に近い場所にあるホテルを、ご紹介しましょう。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)facebook/あずまや高原ホテル


標高1,500mの山岳温泉リゾート

窓から見える景色は絵画のよう

日本百名山の一つ四阿山(あずまやさん)中腹1,500mにある、大自然に抱かれた山岳温泉リゾート。楽天トラベル「2012年甲信越エリアお宿百景」で1位に選出されるほど。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)facebook/あずまや高原ホテル

天空露天風呂

浅間連山を一望出来る、開放感いっぱいの雲上露天風呂。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)楽天トラベル/あずまや高原ホテル

白樺林のハンモック

星空テラスと道を挟んだ白樺林のハンモック。木漏れ陽の下で揺られる心地良さに、眠りに落ちることでしょう。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)facebook/あずまや高原ホテル

[長野県上田市 あずまや高原ホテル]

大空から俯瞰する鳥のような爽快感

天空の小鳥風呂

「樹の上に露天風呂をつくりたい。」館主の約10年の夢が叶いました。

渓谷の音響き、樹々合間より仰ぐ天空、小鳥のさえずり、さらりとした天然温泉。ここは天国かもしれないと思うでしょう。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)facebook/信州高山温泉郷 山田温泉 風景館

瑠璃光泉

源泉かけ流しの檜風呂。四季折々の松川渓谷が望めます。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)facebook/信州高山温泉郷 山田温泉 風景館

仙人露天岩風呂

150段の階段を降りていく、仙人が見つけたといわれる一枚岩盤の仙人露天岩風呂。松川渓谷の真ん中にあります。森林浴しながら浸かるお風呂は、冒険気分も味わえますよ。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)facebook/信州高山温泉郷 山田温泉 風景館

[信州高山温泉郷 仙人露天岩風呂と渓谷美の宿 山田温泉 風景館]

その名もずばり「雲の上のホテル」

飛行機の翼をイメージしたデザイナーズホテル

四国高知四万十川源流の奥深い山里、雲の上のまち「ゆすはら」にあるホテル。地元産木材をふんだんに使った、建築家「隈研吾」のデザイン。美術館のような建物です。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)るるぶトラベル/雲の上のホテル

木のぬくもりが感じられる隠れ家

スタイリッシュなデザインの客室からは、四万十川源流のせせらぎが聞こえます。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
ロイヤルルーム (C)雲の上のホテル

雲の上のレストラン

高い天井がスペーシャスな、大きなガラス窓の明るいレストラン。棚田を模した水盤が涼を呼びます。町の名産「かよ卵」使用のチーズケーキは、名物スイーツ。

空に手が届きそう。雲の上のホテル
(C)楽天トラベル/雲の上のホテル

[四国 高知県檮原町 雲の上のホテル]

標高が高い山岳地域は、夏は涼しく、空気も爽やか。山を眺めていると、精神的に気持ちが落ち着きます。今年の夏は、空を翔ぶ鳥のような開放感を味わう旅に出掛けたいものです。紅葉の季節は華やかで、さらに美しいですよ。夏でも夜間は冷えますので、羽織るものを忘れずに持って出掛けましょうね。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


, | 観光,ホテル・旅館,絶景,中部,四国,長野県,高知県,ホテル,ホテル


観光の絶景関連リンク

アイキャッチ アイキャッチ
富士吉田駐車場からの富士山 富士吉田駐車場からの富士山
鎌倉 あじさい(明月院) 鎌倉 あじさい(明月院)
川平湾 SUP アイキャッチ 川平湾 SUP アイキャッチ
あじさい あじさい
箱根 芦ノ湖 スワンボート 箱根 芦ノ湖 スワンボート
アイキャッチ アイキャッチ

nol hakone myoujindai nol hakone myoujindai
平久保崎灯台 サムネ 平久保崎灯台 サムネ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#楽天トラベル #隈研吾