> > > > いつか通り抜けてみたい、世界の神秘的なトンネル10選

いつか通り抜けてみたい、世界の神秘的なトンネル10選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

魔女に出逢える!?「ザ・ダークヘッジ」(北アイルランド)

その向こうに続くのは別世界?いつか通り抜けてみたい世界の神秘的なトンネル10選

北アイルランド、アントリム州には「魔女のトンネル」と噂される並木道が存在します。「ダーク・ヘッジズ」と呼ばれるこの道は、くねくねと曲がる大きな木が空を覆われ、幻想的とも不気味とも言える不思議な風景が広がっています。まるで木々の間から魔女が出てきそうな雰囲気。通り抜ける際は、魔法の世界に迷い込んでしまわないように気をつけてくださいね。

海底散歩を楽しもう「プレデター・ラグーン」(バハマ)

カリブ海に浮かぶ楽園、バハマ。ここに伝説の古代都市「アトランティス」をモデルにして造られた巨大リゾートホテル、アトランティスが存在します。ホテルでもあり、カリブ最大のウォーターパークでもあるホテル・アトランティス。数あるアトラクションの中で特に人々の注目を集めているのが、思わず冒険心を掻き立てられる海底トンネル「プレデター・ラグーン」です。トンネル内からは、様々な種類のサメや魚が悠々と頭上を泳いでゆくのを間近に見ることができます。迫力満点の海底散歩を楽しみたい方はぜひ!

通り抜けた先は秘密の花園「河内藤園」(日本)

その向こうに続くのは別世界?いつか通り抜けてみたい世界の神秘的なトンネル10選

幻想的な空間が広がるトンネルは、ここ日本にも存在します。福岡県北九州市にある「河内藤園」。海外でも「実在する世界の美しい場所10」として絶賛され、藤が開花するシーズンである5月になると、その儚く幽玄な姿をひと目見ようとたくさんの人が訪れます。

まるで別世界への入り口「伏見稲荷」(日本)

その向こうに続くのは別世界?いつか通り抜けてみたい世界の神秘的なトンネル10選

京都市伏見区に鎮座する伏見稲荷神社。朱色の鳥居が無数に立ち並ぶ厳かなその光景に、誰しもが思わず畏怖の念を抱かされることでしょう。千本を越える鳥居が誘う先は神が鎮まる聖域。思わず魂まで震えるような美しさですね。

通り抜けた先は未来!?「外灘観光隧道」(中国)

その向こうに続くのは別世界?いつか通り抜けてみたい世界の神秘的なトンネル10選

通り抜けた先は未来? それとも遥か彼方の惑星? そんなSFの世界に誘われるかのような気分にさせてくれるのが、上海の「外灘観光隧道」。全長646.7mの海底トンネル内部は無数の電飾で彩られています。

名もなき氷のトンネル(アルゼンチン)

その向こうに続くのは別世界?いつか通り抜けてみたい世界の神秘的なトンネル10選

最後にご紹介したいのはアルゼンチン、パタゴニアの名もなき氷のトンネル。氷河にぽっかりと空いた冷たく青いトンネルは、まるで氷の別世界への入り口かのよう。複雑な青色に輝くトンネルは、宝石のような美しさですね。

「トンネルを抜けるとそこは別世界だった・・・」という言葉をよく耳にしますが、世界にはそれ自体が異世界のようなトンネルも存在するのですね。

[Photo by Shutterstock.com]

小坂井 真美

小坂井 真美 ライター
クロアチアの首都ザグレブ在住。現地での色々な仕事の傍ら、フリーライターとしてクロアチアを中心とした南東欧諸国について執筆。趣味は街歩き、食べ歩き、寺歩き、そぞろ歩き。仲間、明るい太陽とおいしいごはんがあれば幸せ。人生は旅。たくさんのモノ・人・土地と出逢いをエネルギーに、日々心の赴くままに邁進中。

,,,,,,,,, | 観光,絶景,近畿,九州・沖縄,アジア,ヨーロッパ,中南米・カリブ,オセアニア・南太平洋,京都府,福岡県,中国,スイス,アイルランド,ウクライナ,ノルウェー,バハマ,アルゼンチン,オーストラリア,観光,観光,観光,観光,観光,観光,観光,観光,観光,観光


京都府の観光関連リンク


京都イルミネーションシナスタジアヒルズ 京都イルミネーションシナスタジアヒルズ
ドーナツ5 ドーナツ5
八幡堀界隈 八幡堀界隈






1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT