> > > > 小林希の世界のネコ旅 ~イタリア・ブラーノ島編~

小林希の世界のネコ旅 ~イタリア・ブラーノ島編~


小林希の世界のネコ旅 ~イタリア・ブラーノ島編~

彼女(彼)の誘う世界は、色あせたパープルやコーラル、やや淡いブルーやビビッドなピンク、レモン色などの家々が立ち並び、同じように色とりどりの洗濯物が気持ち良さそうに家々の間に張られたロープに干されて、風に泳いでいる。その色の空間に溶けこむように、たくさんの猫がのんびりと寛ぎ、それぞれの時間を過ごしている。

小林希の世界のネコ旅 ~イタリア・ブラーノ島編~

ふと気付くと、前方を歩く白猫はオレンジ色の家の前で立ち止まり、ようやく私を一瞥すると、ニャーンとないて家の中に入っていった。

小林希の世界のネコ旅 ~イタリア・ブラーノ島編~

ブラーノ島に色とりどりの家があるのは、昔、漁に出た男たちが、濃霧のなかでも沖から家に戻ってこられるようにと、女たちが自分たちの家の外壁に色を塗り始めたからだとか。それぞれの色は愛の結晶だ。そしてその色を目指して帰ってくるのは、島の猫たちも同じ。ならば、この街の猫たちも人に愛されているということだ。

小林希

Nozomi Kobayashi
1982年東京都出身。2005年立教大学文学部心理学科卒業。大学在学中から海外をバックパッカーとして旅をする。写真部に所属。 2005年サイバーエージェント入社。子会社のアメーバブックス新社で多くの書籍を編集した後、2011年末に退社、その日の夜から一眼レフを相棒に旅に出る。1年後帰国して、その旅を綴った『恋する旅女、世界をゆくーー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎)でデビュー。 既に45カ国をめぐり、現在も世界を旅しながら執筆活動をする。傍ら、ネットやラジオ、雑誌などで旅や世界のネコなどをテーマにした取材をうけたりしている。また、瀬戸内海の秘境の無名の離島「讃岐広島」で、古民家を宿として再生する島プロジェクトを立ち上げ、「ひるねこ」をオープン(ボランティア)。近著に『女ふたり、台湾行ってきた。』(ダイヤモンド社)、世界25カ国54の街で出会ったネコのフォトブック『世界の美しい街の美しいネコ』(エクスナレッジ)、長期旅でオス化した著者が女を取り戻す挑戦の旅を綴った『恋する旅女、美容大国タイ・バンコクにいく!』(幻冬舎)がある。 今年夏以降、2度目のキューバをはじめ、中米数カ国を旅する予定。スペインに長期滞在するのが夢。ラテン人の楽観的な生き方に惹かれるのが理由。 instagram/nozokoneko

,,,,, | イタリア,ヨーロッパ,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ,絶景,観光,観光


イタリアの現地レポート/ブログ関連リンク

シチリアの富士山!世界遺産「エトナ山」をトレッキング シチリアの富士山!世界遺産「エトナ山」をトレッキング
ギリシアよりギリシアらしい? シチリアの神殿の谷 ギリシアよりギリシアらしい? シチリアの神殿の谷
シチリアの家庭で教わった簡単ブルスケッタと素朴なナスのタルタル シチリアの家庭で教わった簡単ブルスケッタと素朴なナスのタルタル
オシャレなフランス人が訪れる、イタリアのカラフルな街サンレーモ オシャレなフランス人が訪れる、イタリアのカラフルな街サンレーモ
はちみつ色の建物が立ち並ぶ、南イタリアのリゾート地「レッチェ」 はちみつ色の建物が立ち並ぶ、南イタリアのリゾート地「レッチェ」
【イタリアのおすすめ土産】買ってよかった!愛用しているフィレンツェの雑貨 【イタリアのおすすめ土産】買ってよかった!愛用しているフィレンツェの雑貨
【クイズ】これはなんでしょう? in ヨーロッパで見つけた不思議なもの 【クイズ】これはなんでしょう? in ヨーロッパで見つけた不思議なもの
今年は4月1日!フィレンツェのパスクア(復活祭) 今年は4月1日!フィレンツェのパスクア(復活祭)
●プチプラ 小さなお土産から、旅の小さなお助けまで、イタリアの「99セントショップ」活用法 ●プチプラ 小さなお土産から、旅の小さなお助けまで、イタリアの「99セントショップ」活用法
フランスから10分で行ける、イタリアの国境の街、ヴァンティミーリア フランスから10分で行ける、イタリアの国境の街、ヴァンティミーリア
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ネコ #ブラーノ島 #世界 #小林希 #旅 #猫