TABIZINE > 観光 > 絶景 > マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島「コルチュラ島」

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島「コルチュラ島」

Posted by: 小坂井 真美
掲載日: Aug 21st, 2015. 更新日: May 6th, 2023
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島 コルチュラ島

蒼く輝くアドリア海に、千を超える島を抱えるクロアチア。その中に、かの有名なマルコ・ポーロの伝説が残る美しい島が存在します。

その島の名は「コルチュラ島」。今回は島の魅力と伝説の謎について迫りたいと思います!


中世で時が止まったアドリア海の島

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島 コルチュラ島

クロアチアを代表する観光都市、スプリットとドブロブニクのちょうど中間に位置するペリェシャッツ半島の先に浮かぶコルチュラ島。オリーブオイルやワインの生産が盛んな長閑な島で、かつてはヴェネチア帝国の一部であったことでも知られています。

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島 コルチュラ島

島の中心である町の名前は、島と同じ「コルチュラ」。ヴェネチア時代の面影を色濃く残す、美しい古い街並みが広がります。

周囲を城壁に囲まれ、南北に目抜き通りが貫き、そこから東西に細い路地が伸びた旧市街。そのため、上空から眺めると魚の骨のような形を成してるユニークな町としても知られています。

中世のままの街並みが残る石畳の路地。風にはためく洗濯物の爽やかな音に誘われて見上げれば、明るい太陽と真っ青な空が目に飛び込んできます。

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島 コルチュラ島

地図を持たずに歩いても迷いようのないほど小さな街。心と足が赴くままに散策を楽しんでくださいね。

アドリア海に浮かぶマルコ・ポーロの故郷

「東方見聞録」の作者であるマルコ・ポーロの生まれ故郷だという伝説が残るコルチュラ島。そんなこの島には、マルコの生家だと言われている家が現存しており、島の観光スポットとなっています。

「えっ!?イタリア人のマルコ・ポーロの生家がどうしてクロアチアにあるの?」そう思いませんでしたか? ほとんどの人は「マルコ・ポーロはイタリア人」そう学校で習ったのではないでしょうか。そんなマルコがどうしてクロアチアと関係があるのか・・・それはマルコが生きていた当時、コルチュラ島を含むクロアチアの沿岸部の一部はヴェネチア共和国の領土だったことに関係があるようです。

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島 コルチュラ島

そもそも、マルコポーロの出生地については諸説あり、イタリアにも「マルコ・ポーロの生家」と言われる場所があるのだそう。マルコ・ポーロの「コルチュラ島出身説」の真偽は定かではありませんが、いずれにせよ、ここでもたくさんの国の影響や民族が交錯するクロアチアの複雑な歴史の一部を垣間見ることができます。

マルコ・ポーロ伝説が残るアドリア海の秘島 コルチュラ島

ここはマルコ・ポーロが生まれ育った島なのか、この美しい街並みと澄んだブルーは彼も目にしたのだろうか・・・。そんな伝説に考えを巡らせながら、コルチュラ散策を楽しんでください。

[Photo by Shutterstock.com]

小坂井 真美

小坂井 真美 ライター
クロアチアの首都ザグレブ在住。現地での色々な仕事の傍ら、フリーライターとしてクロアチアを中心とした南東欧諸国について執筆。趣味は街歩き、食べ歩き、寺歩き、そぞろ歩き。仲間、明るい太陽とおいしいごはんがあれば幸せ。人生は旅。たくさんのモノ・人・土地と出逢いをエネルギーに、日々心の赴くままに邁進中。

,, | 観光,絶景,ヨーロッパ,クロアチア,観光


観光の絶景関連リンク


「阿伏兎観音」観音堂 「阿伏兎観音」観音堂
雨晴2 雨晴2
マクセルアクアパーク品川「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」美しき薔薇物語 ※イメージ マクセルアクアパーク品川「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」美しき薔薇物語 ※イメージ
黒部ダム 黒部ダム
日帰り旅行のイメージ 日帰り旅行のイメージ
千羽鶴鹿公園 くまモン 千羽鶴鹿公園 くまモン

うずまの鯉のぼり栃木9 うずまの鯉のぼり栃木9

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#アドリア海 #オリーブオイル #ワイン



観光 絶景 ヨーロッパ クロアチア 観光