> > > > 【これぞ秘湯!】水没した村落の中で唯一生き残った、船でしか行けない温泉宿

【これぞ秘湯!】水没した村落の中で唯一生き残った、船でしか行けない温泉宿

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ダム建設で水中に没した村落の中で唯一生き残った温泉宿

大牧温泉の源泉は、1183年に源氏の追手を逃れる平家の武将によって、偶然に“発見”されたと言われています。

源泉の周辺には温泉宿が生まれ、湯治湯として地元の人や周辺の住人に親しまれてきたそうですが、1930年に庄川の下流に小牧ダムが完成すると、山間の村落ごと温泉は水の中に没してしまいました。

しかし、湖畔の急斜面に一軒の温泉宿が残り、湖底から豊富な源泉を取り込んで経営を存続します。その宿が大牧温泉観光旅館です。結果として、船でしか行けない秘湯の温泉宿として存在価値が高まり、現在では日本の百名湯の1つに選ばれる人気宿になりました。

,,,,, | 観光,ホテル・旅館,絶景,豆知識,中部,富山県,ホテル,観光,豆知識


富山県のホテル関連リンク


みくりが池 みくりが池
【富山】陸路は皆無!船でしか行けない秘湯「大牧温泉」 【富山】陸路は皆無!船でしか行けない秘湯「大牧温泉」
【富山】通だけが知っている川のほとりのあるアートホテル 【富山】通だけが知っている川のほとりのあるアートホテル
標高2,450m!日本で最も夜空に近いホテルで星空を観察する旅 標高2,450m!日本で最も夜空に近いホテルで星空を観察する旅
1

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com