> > > > 【ネパール】滞在経験者が教えるカトマンズのタメル地区の楽しみ方

,,,,, | グルメ,アジア,ネパール,世界遺産,旅のハウツー,観光,豆知識

【ネパール】滞在経験者が教えるカトマンズのタメル地区の楽しみ方


タメル地区には日本食レストランも豊富にあるので胃袋にも安心

【ネパール】世界を旅する人なら外せないカトマンズのタメル

ネパールに滞在すると、さまざまな移動先でダルバート・タルカリを口にするかと思います。ダルとは豆のスープ、バートはご飯、タルカリはおかず、日本人の印象からすればスープカレーに近い食べ物。ネパール人にとってはソウルフードですね。

どのお店のダルバートもおいしく、食べているうちにだんたん手づかみでの食べ方も上手になってくるのですが、さすがに毎日3食ダルバートを食べていると日本食が恋しくなります・・・。その点、タメル地区に宿を取っていれば、周囲には日本食レストランも豊富にあるので安心。

例えば1970年から続く「古都」はカトマンズにおける日本食レストランの代表選手。「ここは日本?」と思えるくらいの落ち着いた和風の店内で、各種の定食や焼き鳥を500円程度でおなか一杯食べられる名店です。

他にも日本人経営者が居る和食店などがタメル地区には豊富にあり、入店すると旅行中の日本人に出会えるなど違った楽しみもあります。

現地で連絡先を交換し、帰国後に日本で再会するなども旅人の楽しみの一つ。筆者の場合は四国でフリーマガジンを運営する編集者と出会い、帰国後に仕事につながった経験も。旅の醍醐味ですよね。

【ネパール】世界を旅する人なら外せないカトマンズのタメル

日本食ではないですが、モモと呼ばれる餃子風の食べ物も、どこかほっとできる味があります。現地のレストランに入ったときは、とりあえず注文してみてくださいね。

以上、ネパールの首都カトマンズのタメル地区を紹介しました。少し散歩すれば世界遺産のダルバール広場もあります。カトマンズに到着したら、トリブバン国際空港で年季の入ったタクシーを拾って、真っ先にタメル地区を目指してみてくださいね。


[All photos by Shutterstock.com]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。大手出版社のコラムや雑誌記事、日本政府観光局の米国向けサイトなどの執筆を手掛ける。All Aboutの黒部・立山、富山の観光ガイド。通訳案内士の勉強中。


,,,,, | アジア,グルメ,グルメ,ネパール,世界遺産,旅のハウツー,観光,観光,豆知識,豆知識